本日の報道より、エホバの証人の子供を見かけたら児童相談所へ即通報を

エホバの証人の子供を見かけたら児童相談所へ即通報を

本日(2022年12月26日)、厚生労働省により宗教2世救済のガイドラインが作成されていると報道があった。報道によると、ガイドラインの内容は子供を脅して宗教活動を強制することが虐待にあたると。

「信仰しないと地獄に落ちる」という言葉も、子供を脅すというのに該当するとされる様子。近く児童相談所などに通知されるということなので、

エホバの証人活動を行っている子供を見かけた瞬間に児童相談所に通報すれば良い。エホバの証人は「信仰しないとハルマゲドンで滅ぶ」と脅す。見事に本ガイドラインに該当する。エホバの証人の子供はもれなく脅されており、心理的虐待下にある。

ついでに、ものみの塔協会は未だに公式サイトでは体罰を推奨しているので、エホバの証人の子供は物理的虐待を受けている可能性もある。

ものみの塔聖書冊子協会は児童虐待、体罰の責任を取るべき

学校行事不参加のエホバの証人の子供も即児童相談所へ通報を

児童相談所が介在しても子供をカルト親から引き離したりとか、家庭内での宗教強制まではさすがに介在できないだろう。根本的な解決にはならない。

とはいえ、子供が布教活動に連行されたりエホバの証人の王国会館に夜遅くまで拉致されたりということは防ぐことが出来る。また、

エホバの証人の子供が学校行事に対して宗教的理由で不参加を申しでた際には、心理的虐待を受け脅されていると断定できる。

楽しいクリスマス会に参加出来ませんなんて言う子供がいるとしたら、それはカルト親から心理的虐待を受けている。ハルマゲドンの恐怖で脅されていると判断できる。是非とも、学校から児童相談所へ通報して欲しい。

学校側が、その場で行事参加を強要しちゃうと別な脅しになる。洗脳下の子供にクリスマス会を強要すると、本人にとってはハルマゲドンで殺されるという脅しが現実の恐怖として襲ってくるので、慎重に。

宗教2世の子供への対応はお手柔らかにソフトに。児童相談所への通報は粛々と。

本ガイドラインでは、カルト親や教団に対しての一定の牽制効果が見込める。宗教2世の子供たちは、児童相談所が介在することで、まともな大人が世界に意外と多くいることを知り、世界に絶望せずに済む。

エホバの証人の世界しか知らない子供の立場になると、世界は絶望的だ。エホバの証人は自由意志を放棄し、考えることをやめ現実逃避した家畜集団。世界がそんな人間牧場だと絶望せずに済む。

本ガイドラインは子供に向けたモノなので、完全にエホバの証人を潰すことはできない。とはいえ考え方の骨幹は完全にエホバの証人を潰すことのできるものである。

今回のガイドラインを昇華させてエホバの証人を潰す方法については明日の記事にて。


“本日の報道より、エホバの証人の子供を見かけたら児童相談所へ即通報を” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください