統治体がホンモノかニセモノか見極めるのは簡単

エホバの証人を解約するための想定問答集

真理真氏作成のJW解約資料。ネットでダウンロードできる。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

第五弾の「1914年と終わりの日」より「JW言い訳集」。解約対象のエホバの証人に対する想定問答になっている。これはおみごと!

エホバの証人はものみの塔協会に倣い、論理テクニックを行使してくる。しかも本人たちは聖書から正しい言葉をひいて、論理的・科学的に語っていると思い込んでいる。

事実はものみの塔協会仕様の偽「新世界訳聖書」と、ものみの塔協会の出版物という悪書を参照しているだけ。ものみの塔協会の出版物は科学的な根拠に基づいている体になっているが、事実は恣意的引用とこじつけだらけの絶対悪書。

ものみの塔協会が存在し続けていることを除けば「世界は良くなっている」

ところが、生半可な準備で望むと、エホバの証人の巧みなこじつけ、すり替えといった論理テクに跳ね返される。そして、最後にはこちらの質問には答えない貝になってしまう。

これでは相手のエホバの証人の洗脳をより進める結果になってしまう。相手が貝になる前に、ものみの塔協会の論理の矛盾をサクッと指摘、相手のエホバの証人の洗脳の扉の鍵を刺激しなければならない。JW解約のための想定問答集として、この資料はおみごと。

統治体の正偽を見極めるのは簡単

この資料の他の部分から分かるが、統治体はニセモノ。この「JW言い訳集」は、統治体をニセモノだとエホバの証人に理解させる手引きになる。

統治体がホンモノでなければエホバの証人を続ける意味はない。ホンモノゆえに得られるご利益は、当然ニセモノなので得られない。永遠の命を得られるなんてのも当然ウソ。さらに統治体が偽であれば、エホバの証人はニセモノを伝染させる悪行に加担していることになる。

これをエホバの証人に理解させるための想定問答。

ものみの塔協会は巧みで、「統治体の預言がハズれることは(よく)ある」ということを信者のエホバの証人たちに納得させている。統治体は人間なので、間違うこともあり、都度「新しい光」が神から与えられ、知識が増し加わるという設定。

ふざけた保険が打たれているのだが、信者のエホバの証人たちは「新しい光」を喜んで受け入れちゃう精神状態。また、統治体が自らの不完全さを認めている、謙遜であるというストーリーで、逆説的にものみの塔側の有利になる状態がつくられている。そのくせ預言ハズレの事実を認めることも預言ハズシの謝罪も一切ないのだが。

ここを論破し、統治体がニセモノなので、当然預言は当たらない。だからエホバの証人をやめるべきというルートを辿らせる。

統治体の預言が当たらないのであれば、従うだけ損。すると、預言が当たらなくても統治体は正しいので従う態度が重要という話になる。であれば、その正しいと思い込んでいる統治体の正誤はエホバの証人自身が見極める必要がある。

結果は簡単。当たらない預言を連発する統治体をホンモノとみなすのは、たとえ身内でも難しい。ならばエホバの証人を続けても利益はないばかりか、人生を圧倒的に損なうだけ。さらには同じ被害者を増やし続けるという罪を犯すことになる。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください