唯一の真理とは程遠いエホバの証人

エホバの証人2世の同級生

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。禁止事項の多いものみの塔協会の教義を厳格に適用され幼少期から少年期を過ごすことになった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。そしてエホバの証人2世だったことなど素知らぬ顔で高等課程へ進学したのだった。いわゆる高校デビューである。この学校は自宅から1時間ほど離れていて私のエホバの証人2世だった過去を知っている人はほとんど進学していなかった。

しかしこの学校には他の中学校からエホバの証人2世が進学してきており、偶然にも同じクラスに2人も2世信者がいた。1人は献身までしているという。どうやら私が元エホバの証人2世であるということをあちらも知っていたようだが、特別に私にエホバの証人という関係性で接触してくることはなかった。こちらとしてもそれは大歓迎だったので素知らぬ顔でいることにしたのだった。

“唯一の真理とは程遠いエホバの証人” の続きを読む


不完全な真理は真理ではない

楽園には入りたくないエホバの証人2

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳で自分の意志でエホバの証人をやめる。苦心の末やっとエホバの証人をやめるという決意を両親に告げた。しかし集会のために王国会館へ行く時間になったとき両親に対して

「もう集会に行かない」と言うのがやっとだった。

その日の集会から帰ってきた両親によって私の事情聴取が始まった。いったいどういうつもりでもう集会に行かないというのか?ということである。両親はこれ以前からの私の集会や伝道活動への身の入らなさからある程度はこういった事態を想定していたはずである。

この頃の私は常にエホバの証人をやめるということを考えていて理論武装を固めていた。私の人生の意味はエホバの証人が求めるものとは違う。ハルマゲドンまでの限られた命で構わないから二度と繰り返されることのない現在、今を思い通りに生きたいということを両親に話した。両親と一緒に楽園で永遠の命を享受したいとは思わないとはっきり告げた。

さらにこの頃にはものみの塔協会の教義の矛盾にも私は気付いていた。この晩の事情聴取で背教じみたことも両親に対して口にしていた。批判的に公開講演を聞いたりものみの塔協会の出版物を読んだりすると突っ込み所はどれだけでも出てくる。まさしく完全、完璧な真理では無いということが見えてくる。

“不完全な真理は真理ではない” の続きを読む


初めてお問い合わせを頂きました②

このブログの目的

前回に続いてメッセージを頂いた件です。
このブログで私は自身の経験を元にものみの塔協会を糾弾しています。今回お問い合わせを頂いた主題はエホバの証人は無害で本人たちはその活動を生きがいとしているのだから放っておけば良いのではないか?ということでした。これは何となく私にも思い当たる節があって何を今さらこんなおせっかいじみたことをしているんだろうと思うことがあります。

私はエホバの証人2世としての子供時代を私に強制した両親に感謝こそすれ一切恨みには思っていません。同様に両親をカルトに引きずり込んだエホバの証人たちのことも全く恨んでいません。彼らも被害者です。

そもそもものみの塔協会や統治体への恨みからこんなにも攻撃しているのかと言えばそれも違います。ものみの塔協会や統治体も悪意の固まりではないからです。無意識的に組織を維持することを目的として転がり続けているゴミの雪だるまのようなものだからです。

ものみの塔協会はこの世に存在しなければならないものでなく、無価値なものなので正当な姿に戻そうとしている、このブログを端的に表すとこうなります。また人生を棒に振る被害者が出るという点では一般のエホバの証人は人畜無害でもものみの塔協会という組織そのものは明らかに危険で有害です。誰かが警笛を鳴らし続けなければなりません。このために私はこのブログを書いています。

“初めてお問い合わせを頂きました②” の続きを読む


外した場合の保険付きの預言

怪しげな真理

私はエホバの証人をやめる頃にはものみの塔協会の言っていることの1から10まで全てが正しい訳ではないと思い始めていた。私が14歳のときで1990年代の中頃のことである。王国会館は明らかに不完全で欠陥のある人間の集まりだったし、そこで一言一句に不備の無い真理が伝えられるとはどうも思えなかったのである。

このような不完全な集団がハルマゲドンを通過し完全な人間に生まれ変わるというのがものみの塔協会の教義である。にしても不完全過ぎないかというのが私の印象だった。四肢に障害があったりとんでもない肥満だったり子供にしてもアトピーのような病気がちだったり極端に学校の成績が低かったりという集団なのである。単純に魅力的でない恵まれない人々が集まって傷を舐め合っているだけなのだ。しかしそういった人々を救うというのがキリストなのである。

それでも王国会館で伝えられることの全てが真実という訳でない気がしていた。出来損ないの講演者によって伝わり方が変化したり思い込みの注解がされたりすることで真理が捻じ曲げられていると感じることがあったからである。またものみの塔協会そのものが間違ったメッセージを発信していると感じることがあった。出版物にあからさまに矛盾があったり、突っ込み所があったりするのである。

“外した場合の保険付きの預言” の続きを読む


ハルマゲドンと永遠の命という悪い冗談

ものみの塔協会の情報統制

エホバの証人は喫煙や過度の飲酒も禁じられている。しかし、この宗教の創始者である初代会長のラッセルはアルコール依存だったという話もある。こういった話はいくらでも出てくる。ラッセルの墓が存在しピラミッド型のモニュメントになっているという話もある。初代会長ラッセルと2代目の会長はそれぞれ離婚し夫婦生活に破綻をきたしている。

こういった情報はゴシップ的なもので全てを本当だと決めてかかれないのだが、これらは全てが真実である。何故ならものみの塔協会はこういった都合の悪い事案をひた隠しにしているからである。信者のエホバの証人が一切こういった情報に触れないように情報統制を敷いているからだ。隠すのは真実だから偽りならば堂々と反論すれば良い。論争はものみの塔協会の得意とするところなのだ。

 

ものみの塔協会のマインドコントロールの手法

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育ち、子供の頃からのこの情報統制下にあった。天に神エホバは存在しキリストの統治が間も無く始まる。そのときのこの世を浄化するハルマゲドンが勃発する。その裁きの日に滅ぼされることがないように両親やものみの塔協会の言うことをしっかりと聞いて、熱心に伝道奉仕活動を行わなければならない。ハルマゲドンを生き延びれば地上の楽園で永遠の命を得られるのである。

“ハルマゲドンと永遠の命という悪い冗談” の続きを読む


『仁義なきキリスト教史』

キリストの一つの解釈

電子書籍版で読んだ一冊。

 

神ヤハウェからローマ・カトリックに至るまでのキリスト教史を任侠道に当てはめてなぞった本である。ユダヤ教からイエス・キリストを経てキリスト教が世界中に広がる歴史が描かれている。神ヤハウェは大親分、キリストも任侠の人として描かれているのでエホバの証人にとっては衝撃的な内容である。宗教は一つの道であり任侠道も同じく道であるが、劇薬、毒薬の類である。ショック療法として役に立つ

エホバの証人はキリストや神エホバを聖人君子扱いし過ぎている。キリストは世界の歴史に名を残し宗教史を変えた英雄であることは間違いないが、それだけの存在である。所詮はただの人、ナポレオンやアレクサンダーと同じかそれ以下だと思っていい。

イエスが自らをキリストと考えていたかどうかは、どの写本を重視するか、という問題にも繋がってくる

これは書中で繰り返し書かれていることだが、この本でのキリストの解釈の仕方は

あくまで数多ある解釈の一つに過ぎない

と作者自らが述べている。

“『仁義なきキリスト教史』” の続きを読む


パウロの目から鱗

ものみの塔協会によりねじ伏せられてきた真実

私はエホバの証人をやめたものの未だにものみの塔協会の洗脳下にあった。来たる終末のハルマゲドンに怯える日々を過ごしながらやり残したことのないように幼い頃から禁止されてきたことを着々とこなす自堕落な日々を過ごしていた。浴びるほど酒を飲みギャンブルに明け暮れ不特定との女性と関係を持つという反エホバ的生き方をしながらハルマゲドンで滅ぼされる日を待っていたのである。

そんな日々の中、私はインターネットでエホバの証人について調べることになった。そしてものみの塔協会の不義の数々についてネット上で知ったのである。輸血が解禁されている国がある、ものみの塔協会初代会長ラッセルの墓がある、しかもその墓はピラミッドの形状をしている、そもそもこのものみの塔協会会長職は選挙で選ばれている、ものみの塔協会はちゃっかり国連NGOに加盟していた、しかもこれが露見するとそそくさと脱退した、幾つもものみの塔協会にとって都合の悪い案件があったのだが、どれ一つでも私にとって充分だった。

隠蔽体質のものみの塔協会によってねじ伏せられてきた真実と偽造された預言、ものみの塔協会に対してうっすら感じていた矛盾や疑問が一気に解決したのである。ものみの塔協会は我々を騙している

“パウロの目から鱗” の続きを読む


背教者が語る真理

苦しい時の神頼み

私は物心ついた頃には既にエホバの証人2世として育てられていた。両親は二人とも熱心なエホバの証人だったので、子供の頃の両親との関係は全てものみの塔協会の教義を中心としたものだった。禁止事項がやたらと多く日常生活や精神に支障をきたすエホバの証人をやめたいと小学校の高学年の頃から私は思い始めていた。実際にエホバの証人をやめることが出来たのは中学2年生の秋である。1990年代中頃のことである。

エホバの証人をやめたものの私のものみの塔協会による洗脳は全く解けていなかった。明日にでもハルマゲドンが勃発しものみの塔協会の教義から逸脱している私は滅ぼされるのだと覚悟していた。この頃になるとハルマゲドンでの死を覚悟しているのでものみの塔協会の言うことが絶対ではなかった。エホバの証人の教義に対してちょっとした矛盾を感じ始めたりもしていたのである。しかしいつかハルマゲドンは来るし、天に神エホバもキリストもいるのだという基本的な部分は揺るがなかった

交通事故にあって危険な目にあうとうっかり心中でエホバに祈ってしまうことがあった。救いを求めてしまうのである。まさに苦しい時の神頼みだった。来たるハルマゲドンに怯えながら日常を過ごし私は20歳になり実家を出て一人で生活していた。世界は未だ終末が来ぬまま21世紀に突入していた。

“背教者が語る真理” の続きを読む


キリストとのバランス感

聖書の復習にぴったりの本

電子書籍で読んだ『図解 聖書』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図解 聖書【電子書籍】[ 大島力 ]
価格:1080円 (2017/10/22時点)

 

元エホバの証人で組織をやめて何年も経ち聖書のことはすっかり忘れてしまっている私のような人におすすめの本である。ものみの塔協会による洗脳から逃れてキリスト教や聖書を毛嫌いしてしまう気持ちもやっと一服という人におすすめの本である。

聖書の構成通りに漏れなく説明されているので聖書の復習にぴったりだった。聖書の全書を網羅しているのである程度は簡易的にならざるを得ない。もっと詳細をという人はその都度欄外に関連する書籍が紹介されているのでそちらを参考にしたい。

やはり聖書は世界中で一番売れたというか読まれたベストセラーであることに間違いはない。美術館や史跡を旅行で訪れても聖書を題材にした作品や聖書の舞台となった場所であることがある。元エホバの証人というだけでそういった場所に嫌気がさすというのはもったいない。そこまでものみの塔協会の被害を受けることもない。この本でも聖書に関連する場所や美術作品がコラム形式で紹介されている。

“キリストとのバランス感” の続きを読む


ものみの塔崩し

エホバの証人の教祖ラッセル

ものみの塔協会に自分の時間や財産などをほんの少しでも与えてはいけない。なぜならエホバの証人の教義は全て作り話だからである。開祖となった初代ものみの塔協会会長ラッセルの妄想と空想の産物である。ラッセルは聖書研究者だったがヘブライ語やギリシャ語を読めない米国人だった。神が英語でラッセルに語りかけたと言うのだろうか。

ラッセルは時代ごとに現れる偽予言者の一人に過ぎない。ただの新興宗教の教祖の一人である。エホバの証人もカルト色の強い新興宗教の一つに過ぎない。ものみの塔協会の預言は真理とは程遠いものなのである。

 

もろく崩壊するものみの塔

エホバの証人が捧げた寄付金や労働力はものみの塔協会の上層部の人間もしくは組織そのものを潤すために浪費されている。現在のものみの塔協会は組織そのものの維持運営が目的となっている。彼らの活動で得をする人間は皆無である。本来の目的を見失い組織そのものが自己保身のために誤った方向へ転がり続けている

これは停滞し滅びゆく組織に共通の末期の症状である。外部から誰かが打撃を加えればもろくも崩壊するのだ。私はものみの塔協会の矛盾とからくりを無垢なエホバの証人たちに気付いて欲しいと思っている。そのためにこうやって思い出したくもないエホバの証人のことを書いているのだ。

“ものみの塔崩し” の続きを読む