エホバの証人2世の悪夢

エホバの証人2世の願い

私は生まれながらのエホバの証人2世だった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。もう集会に行かないと告げた14歳の夜以来、異常に熱心なエホバの証人だった両親と心を割って話したことはない。そしてこの日から既に23年という月日が経過した。それにも関わらず未だにものみの塔協会に関わる悪夢で目覚めることがある。

今朝もそうだった。設定は毎回微妙に違うのだがだいたいは私がエホバの証人をやめると両親に告げるまさにその瞬間である。エホバの証人をやめたいとは小学校の高学年の頃から考え始めていた。それをやっと実行できたのが中学2年生の秋だった。エホバの証人をやめる、集会にも伝道活動にも二度と行かないと決めてからなかなかそれを両親に言い出せなかった。この頃は本当に辛かった。

嫌々ながら伝道活動で見知らぬ家の呼び鈴を鳴らし、仕方なく王国会館に通い続けた。最悪な日には王国会館で壇上に立って”割り当て”られた朗読と講演の真似事をしなければならなかった。無為に若い限りある時間を浪費しているという実感があった。

しかも私はハルマゲドンが近いうちに必ず勃発するというマインドコントロール化にあったので時間に関しては異常にシビアな感覚を持っていた。私に残された時間は尋常でなく少ないと思っていた。ハルマゲドンが勃発し”この世の事物の体制”と私自身が葬り去られるまでに何とかエホバの証人をやめ、今この瞬間を自分の願いそのままに生きたいと思っていた。自分の願い通りに生きたことなど生まれながらのエホバの証人2世だった私には無かったからである。

エホバの証人2世の悪夢

37歳になった私の今朝の悪夢だが現実とは設定が違っていた。夢の中では30歳を過ぎた現在までエホバの証人をやめることが出来ていなかった。夢の中の私は母親に対してエホバの証人をやめると宣告する瞬間だった。今朝の悪夢には父親は出てこなかった。父親には彼が還暦になった今でもおそらく腕力ではかなわず、知的な口論でも勝てないような気がする。その父親が今朝の悪夢では不在だったので私は母親に対して言いたい放題だった。

夢の中の私は冷静さを失っていてものみの塔協会の不義と欺瞞的体質について何から何までまくし立てていた。輸血が解禁されている国があるというものみの塔協会の驚きの冗談(実際には輸血拒否で失われた尊い生命があるので冗談どころではない)を母親に告げるのを忘れていて、それを言おうとした所だった。夢の中の母親も馬鹿ではない。思い当たる所があったようで

「じゃあ坂井さんも逃げ出したのかね?」と私に聞く。坂井というのは父親の聖書研究の相手をしていた恐ろしく怖い厳格な”長老兄弟”の名前だ。坂井兄弟でなく、さん付けで呼んでいたのが夢の中の母親が正気に戻りつつある気配だった。

逃げ出すというのは確信犯で悪事が発覚したときの対処である。あんなにも自信満々だった坂井氏も実は被害者で騙されていただけである。逃げ出すとすれば自分の悪事の露呈を防ぐためでなく、自分のしてきたことや自らが生み出した被害者に対して顔向け出来なくなったためである。または私に父親のように自分自身や家族から逃げ出すということである。

今朝はこの辺で悪夢から目覚めた。既にエホバの証人を無事にやめることが出来ていることに一安心する。王国会館という不浄の聖域に通うのをやめて20年が経った今でもこんな悪夢を見るのである。エホバの証人2世として幼い頃から少年期にかけて受けた傷は決して完治することは無いのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。