ハルマゲドン延長します

結局は自分で選択できないエホバの証人2

エホバの証人の親は2世信者の子供が自ら選んだ選択肢について無条件で同意することは絶対にない。子供の意思よりもまずはエホバの目からみてかなっているか、正しくはものみの塔協会の教義に沿っているかということを第一優先にする。

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられたため、幼児期から少年期の私の希望が叶うことはほとんどなかった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめた私にその反動が来る。私はあらゆるものに興味を示し試していくことになる。

主にものみの塔協会の教義で禁止されているようなことである。自分のやりたいことややるべきことを取捨選択することがエホバの証人をやめたばかりの私には出来なかった。今まで何も得られなかった分、全てが必要なことだと思えた。

しかしものみの塔協会の洗脳が解けた訳ではなかったのでハルマゲドンはいつか勃発すると信じ込まされていた。その終わりの日に滅ぼされるので私は寿命を全うすることが出来ない。限られた生の中で全てのことをやってみる必要があった。

酒、タバコ、ギャンブル、セックス、車、あらゆる快楽に手を出した。そういう日常の快楽に忙しくしているために未だエホバの証人組織と微妙な関係を保っていた両親のことを顧みる余裕が私にはなかった。本当に自分の望むことをおろそかにしていたのが私の10代後半から20代の前半のことである。これではエホバの証人2世としてものみの塔協会の支配下にあった幼少期と同じである。





ハルマゲドン延長宣言

私はエホバの証人をやめてサッカーを熱心にやっていたのだが、それも高校在学中に辞めてしまった。単純に飽きっぽいのとサッカーを生涯続けることで得られるメリットよりも限られた今を遊び尽くすということの方の価値が高いと判断したからである。10代後半の私は来たるハルマゲドンに充分に備えていた。やっとの思いでものみの塔協会の教義から自由になったである。自堕落な学生生活を満喫していた。

この頃の私はエホバの証人のことなど全く思い出したくなかった。現役のエホバの証人信者だった両親とものみの塔協会の教義について話すことなど全く無かった。ただ父親はこの頃には会衆の長老職を降りていたようである。私がエホバの証人組織から去ってやりたい放題していることが主な原因であったことは考えるに容易い。

ただ父親は長老という立場ゆえに会衆内の人間関係のもつれなどを裁定することに疲れ果てていたようではあった。それも一因だった可能性はある。それら一切を含めて両親とのエホバの証人に関する会話はほとんど無かった。そのため1995年のものみの塔協会の禁断の教義変更、ハルマゲドン延長宣言について私は知る由も無かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。