エホバの証人2世が繋ぎ止める家族の絆

簡単には解けないものみの塔協会の洗脳

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。そして20歳で就職し家を出て独立した。この頃の私は自分の我が世の春を謳歌するのに必死だった。幼い頃からものみの塔協会の堅苦しい教義によって多くのことを禁止され自由を制限されてきたことへ反動である。

いかにエホバらしくないか、いかに反ものみの塔的であるか、そういう生き方、行動、選択をしなければならないという強迫観念に縛られていた。それでもこの時期の私は来たるハルマゲドンに怯えていた。急場には思わずエホバに祈ってしまうという洗脳状態にあった。交通事故で死にかけたときなど命の危険が迫ると思わず心中でエホバに祈ってしまうのである。

それでも絶対に私はエホバの証人組織に戻るつもりは無かった。実際あの組織はダサいし関わっても今この瞬間に良いことは1つもない。これが理由だった。地味で真面目なだけが取り柄のエホバの証人だらけの楽園で永遠に生きるなど拷問のようにも思えた。

それでもいずれ訪れる終末の日に対する恐怖は拭い切れなかった。天から降る裁きの火で不条理にこの身を焼き尽くされる夢を何度もみた。雷で撃たれて死ぬという恐怖のイメージもあった。近いうちに私は神により滅ぼされるのだ。ならばハルマゲドンまでの残りわずかな人生を好き放題に生きるしかないと思っていた。





エホバの証人2世にとっての家族とは

こんな状態の私は家族の絆をつなぎ止めるという気持ちにはなれなかった。何よりその家族愛というのがエホバ的だったからである。また母親が現役のエホバの証人だった。父親はもうエホバの証人をやめてはいるが、かつてエホバの証人の会衆の長老だった人物である。

そんな両親との接触はエホバを恐れ忌み嫌っている私にとって望ましいものではなかった。他にもエホバの証人2世だった頃にお世話になった会衆の信者たちや子供の頃に一緒にエホバの証人2世として育てられたような人々に対しても冷たい気持ちだった。敵対心すら抱いていた。

もう私はエホバの証人ではない。エホバの証人だった過去を消し去り隠したいという気持ちが強かった。エホバの証人2世だった私の過去を知る人物とは一切の接触を持ちたくなかった。それが両親でも同じだった。この頃の両親は信条の違いから家庭内別居という微妙な状態にあった。そんな両親に対して一人息子の私が架け橋となることは出来なかったのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。