エホバの証人に対する撒き餌

エホバの証人の野外集会

エホバの証人の日曜日の集会だが半年に一度ほど野外集会と称して大きな公園や河川敷などで行われることがあった。レジャーシートが敷かれその上に座りいつもより短い1時間弱の集会が開かれる。公開講演は無くものみの塔誌の討議だけで終わる。私の父親は会衆の長老だったのでこの野外集会の際などにもリーダーシップをとって会場の設営などを行っていた。

野外集会の日はものみの塔誌の討議も省略版になる。通常のパターンならばものみの塔誌を誰かが音読した後で欄外に書かれている質問を司会者が読み上げる。続いた挙手した信者が回答するという手順で行われる。ただし野外集会の際には朗読が省かれいきなり質問が読み上げられた。そして予習してきた信者が挙手して回答するのである。

これはエホバの証人2世の子供たちにとって画期的な素晴らしいシステムだった。天気の良い日にレジャーシートを敷いて近くには持参した野球道具などが置かれている。信者たちが手作りして持ち寄った弁当やおかず、飲み物も豊富に用意されている。いつもの長くて退屈なだけの公開講演は無いしものみの塔の朗読も省かれているのでぐんぐんとプログラムは進んでいく

簡単なものみの塔誌の討議が終わると持ち寄った料理や飲み物などで昼食をとる。もちろんアルコールが持ち込まれることは無かった。信者たち全員が協力し合って準備から後片付けまで行われる。その後で”レクリエーション”の時間となる。





エホバの証人2世の子供に対する餌と罰

この日はエホバの証人2世の子供たちにとっては何より嬉しい日である。まずは公開講演がないことである。こんなことを当時おおっぴらに言うと怒られたのだが無意識下ではこれが大きかったはずである。有難いお話を座って黙って聴き続けノートを取るなんていうことが小さな子供にとって楽しい訳がないのである。

続いて楽しかったのが同年代のエホバの証人2世の子供たちと野球などをして遊ぶことだった。付近にアスレチックなどの設備があればそれで遊ぶことも許された。ただ遊具の取り合いになったり野球のスコアにこだわったりという反ものみの塔協会的なことが起こるとすぐに楽しい時間も終了である。

大人の信者や親に怒られ最悪の場合はこらしめという体罰の対象となる。退場してお尻をベルトなどで叩かれるのである。楽しい1日もこのムチで終了となる。子供たちの遊びの輪に戻っても何だか冴えない気分だし周囲からの哀れみというか同情というかという視線が痛いのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。