エホバの証人という幻想

長老という幻想

私は物心がついた頃から14歳になる直前までエホバの証人2世として育てられた。エホバの証人2世というのは片親もしくは両親がエホバの証人である子供のことである。両親ともにエホバの証人の場合はもれなく必ず、片親だけがエホバの証人の場合でもその片親の方が子供をエホバの証人として育てようとする。

私の家は両親ともにバプテスマというものみの塔協会に対する献身の儀式を受けていた。父親は会衆というエホバの証人を地域毎に集めた一単位の中で長老という要職についており、母親も正規開拓者というフルタイムでのものみの塔協会の伝道者だった。私はこういう両親ともに熱心なエホバの証人である神権家族と呼ばれる家庭で14歳までを過ごすことになった。私は一人っ子で兄弟はいなかった。

父親がエホバの証人の長老であるというのはだいぶ面倒なことである。父親はもちろん、母親やエホバの証人2世の私までが会衆内の模範”とならなければならないのである。このならなければならない”というのはそもそも幻想である。これはエホバの証人に限ったことではない。かくあらねばならないというものは全てが幻想である。人間はもっと自由で良い。

例えば父親が政治家だったり学校の先生だったりした場合を考えてみる。その家庭の子供は父親に似て生真面目で指導力があってさらに政治や教育関係の仕事に就く必要があるだろうか。本人の生き方と家族とは全くの別問題なのである。少なからず影響は受けるだろうが、父親のようであらなければならないという必要はないのである。しかしそんな理屈はエホバの証人には全く通用しない。





特権という妄想

エホバの証人組織内で”特権”と言われる父親の立場を維持、上昇させていくには、家族の統制が必要だった。父親はそんな特権を追い求める人ではなかったのだが、特権が増されるということは神の是認を受けていることであるという考え方をしていた。特権を与えるのは神の仮面を被ったものみの塔協会なのだが洗脳下にある者はそれに気づくことは出来ない。

神の是認を得続けるためには家族揃って信仰が厚く熱心にものみの塔協会の活動に従事していなければならない。常に会衆内の他の信者の模範とならなければならないのである。エホバの証人2世の子供にとっては学校でも同じである。常にお利口で従順で品行方正な生徒でいなければならないのである。ものみの塔協会の教義に反しない限りは学校の決まり事や先生の言うことには従わなければならない。率先して人の嫌がる掃除などをしなければならない。その幻想が絶対だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。