エホバの証人の研究生の洗脳方法

ものみの塔協会の洗脳の方法

エホバの証人の研究生は自宅で聖書研究と称してものみの塔協会の出版物の勉強をさせられる。伝道者クラス以上の人が自分の発掘した研究生に対して教団の出版物を使ってものみの塔協会の教義を教えるのである。

これは聖書研究というよりものみの塔協会の出版物研究と言った方が良い。エホバの証人の自称聖書研究では聖書はたまに開いてみるだけなのである。あとはひたすらものみの塔協会の出版物を段落ごとに朗読する。その後で決められた質問が司会者から出され研究生が朗読された範囲の中から答える。

読んだ範囲外からや自分の言葉などで答えると司会者に訂正される。これの反復である。ものみの塔協会の出版物の中から決まった答えを選び出す。これをひたすら繰り返すのである。これがものみの塔協会の洗脳の方法である。

こうしてエホバの証人の研究生は自身の意思や意見を持てず、自分の頭で考えるということが出来なくなっていく。自分の意見を言う度に訂正されるからである。また司会者の想定通りの答えをすれば良く出来たと褒められ楽園に入れますと餌を与えられる。この繰り返しが熟練したエホバの証人ほど慣れている。まるでロボットのように忍耐強く相手を洗脳していく。そもそも熟練したエホバの証人ほど本人が深い洗脳状態にあるのである。

子供をダシにするエホバの証人

このものみの塔協会の出版物研究が行われる際に未就学の子供がいれば同席させることになる。これは司会者側の子供、研究生側の子供どちらでも同じである。これが私にはひたすら苦痛だった。ものみの塔協会の出版物研究の行われる1時間ほどを、子供が黙って座っていられるはずがないのである。小難しい出鱈目な話に子供の興味が向く訳がない。

ただエホバの証人歴が長い人になると研究の時間の間、自分の子供が大人しく座っているようにちゃんと調教しているのである。無論、研究で訪れた他人の家で騒いだりするとあとでこらしめが待っている。私の母親もそうだったが、そういった傍目に立派に見える子供に教育出来るという点がこのカルト宗教に入信してしまうきっかけの一つとなっている。

しかし、子供なんて落ち着きの無いものである。自分の興味の無い話をしている空間で親のためとは言え1時間も2時間も座っていられるなんて気味が悪い。子供はもっと自由活発に自由に育てるべきなのである。研究の間大人しくしていなければならない反動は何処かに必ず来る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。