何もかもをさらけ出すことが出来ないエホバの証人2世

王国会館での事故

小学校の頃に流行った遊びがあった。息を止めて顔面に力を入れるというものである。危険なので絶対に真似をしないで欲しい。私はこれを繰り返しやっていたのだが、顔が尋常でなく紅潮するのである。そうやって周囲をびっくりさせるのである。

王国会館でのエホバの証人の集会が終わっても、子供の頃の私はなかなか帰宅することが出来ない。”交わり”と称して、両親は会衆内の他の信者と長く話をしていて、帰るのは最後の方に近かった。その間にその顔面を紅潮させる遊びをしていたのである。顔を赤くして会衆内の他の子供を驚かして遊んでいたのである。

ある時、鏡の前で自分の真っ赤になった顔を見て、その後の記憶がしばらく無くなった。どうやら脳が貧血状態になって倒れたようなのである。私は地面に倒れていて、王国会館の壁には大きな穴があいている。倒れた私がぶつかって壁が壊れたのだ。

この時に思ったのは、何と恥ずかしいことをしてしまったのだろうということだ。変な遊びをしていて壁に大きな穴を開けてしまったのである。もうすぐ中学生という年齢でそんなことをしでかしてしまうとは、何と恥ずかしいことか。

しかし、しばらくするとまあ問題はないかという結論に至る。どうせこの王国会館に来ている連中との付き合いもあと何年かの間なのである。いつかはエホバの証人をやめたいと思っているのだ。それまでの付き合いの人間に対して恥をかいたって別に良い、そもそもいつか全くの他人になる人間に対して恥でも何でもないのである。





語られない本音とエホバの証人2世だったというトップシークレット

この何もかも通り過ぎて去っていくだけという私に染み付いた考え方では、深い人間関係を築くことは出来なかった。エホバの証人をやめた後、誰かに本音を打ち明けることも、私の過去について話すことも出来ず、ただ進学し就職し、転職しという時間を浪費するだけだった。

酔っ払って赤裸々に語っているようなときでも何処かで、覚めて自分を見ているのである。今付き合っている相手が永遠に一緒にいる人間ではないという意識がある。何もかもを腹を割って話すということが出来ないのだ。エホバの証人2世は人間関係を軽視しがちなまま大人になっていくのである。

それでも運良く私に何人かの貴重な友人が生まれたのは僥倖と言うしかない。ただその友人たちにも、どうしても過去にエホバの証人2世として育てられたということを話すことは出来なかった。これを自ら打ち明ける気になったのは、現在の妻だけである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。