王国会館から逃げ出し、真実を見つけよう

エホバの証人である間に得られる幸福感は全て偽物

私はかつてほぼ生まれながらにエホバの証人の2世となり、両親ともにエホバの証人という神権家族に育った。そして14年の歳月を経て、自らエホバの証人を辞めるという決断に至る。その後、私の両親もエホバの証人を辞める道を選んだ。その過程で私の家族は崩壊し、家族3人で仲良く王国会館に出かけていた時の幸福は消え去った

しかし、これで良かったと私は思っている。王国会館に通うことで得られる幸福感は偽物なのだ。感情としては本物なのかも知れない。しかし、王国会館で話されること、与えられる情報、信者との繋がり、エホバの証人であることを理由に発生する条件付きの家族の絆、そういったものみの塔協会に関係することは全て偽りなのである。

絶望的な真実を探せ

家族が崩壊し、私と父は何度も死にかけ、絶望を味わった。しかし、それが現実であり、この世界の真実なのだ。それを乗り越えた先にしか、本物の愛、本物の人生の意義というものを見つけることは出来ない。

何かに騙されているという状態は良くない。騙されているかも知れないと薄々は分かっていて、それでも騙され続けているしか無い、そうしなければもはや生きていけない状態なのかも知れない。それでもものみの塔協会に騙され続けているのは良くない。真理を追い求めている人が騙され、その害悪を拡大するなどあってはならないことである。

家族や友人、全ての人間関係を失うことになっても、あなたは真実を見つけなければならない。とてつもなく長い期間をエホバの証人として生きてきたため、エホバの証人の会衆から離れて生きていける気がしない、この世で生きていく処世術が解らない、しかしそんなこと理由に王国会館に通い続けてはいけない。あなたが失うことを恐れている人間関係は、エホバの証人であるという条件付きの下らないものである。結局は偽物なのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。