『一九八四年』~塔から与えられればどんなに愚かしいことでもそのまま信じられるJW

ものみの塔による歴史の改竄と情報操作

今読んでいる本、ジョージ・オーウェルの『1984年』。

全体主義の仮想独裁国家に牛耳られる国民。体制は、過去の記録を漏れなく、惜しげもなく改竄する。結果、女性たちは魅力のない存在に。まるで人形。抱いても無反応。

この構図はまるでものみの塔とJW(エホバの証人)。

ものみの塔も過去の過ちを闇に葬り去ろうとしている。

初代ものみの塔協会会長のラッセル君の墓、この盛大なピラミッド型のモニュメントは2021年に撤去された。かつて組織ぐるみで子供に体罰を加えまくったことも無かったことになっている。数々の終末預言の大ハズシも気のせいということに。

古い文書の処分を進め、証拠隠滅に余念がない。これは情報操作と歴史の習性を行う独裁国家に酷似。

情報操作による信者のマインドコントロールはものみの塔の専売特許。外から見ればものみの塔はおバカなカルトに違いないのに、内部にいるとそうは思わない。

信者に届く情報にはフィルタがかけられている。外部の人は皆、悪魔サタンに操られているとエホバの証人たちは思い込まされている。だから「自分たちエホバの証人たちのことを悪く言うんだ」と思考をコントロールされている。

輸血拒否したり、ろくに働きもしないで、復活だ、永遠だと言っていれば、そりや変人扱いされてしかるべき。エホバの証人は自分自身を全く客観視できていない。

エホバの証人は楽園での永遠の命という大ウソに惑わされている

塔の言いなりになるエホバの証人

この国家の模範的国民は

限りなく愚かで通俗でからっぽの精神の持主

党のスローガンの他は自分の頭で考えるということがなく、党から与えられさえすれば、それがどんなに愚かしいことであれ、そのまま信じられないことなど何ひとつとしてない

これはエホバの証人そのもの。(ものみの)塔の言いなりになり、自分で考え選択することをやめた人間、もしくはそれが習慣化し、結果自身での取捨選択が不能になった人間。

魅力どころか、不愉快で抜群のダサさ。私はこの集団に属するのがイヤでエホバの証人をやめた。不能のエホバの証人と一緒くたにされたくない。そして、エホバの証人のようになりたくない。そう考えてエホバの証人をやめた。

自分の未来と、そのためにとるべき行動は自ら選び決断すべきこと。エホバの証人のように、組織内の権威者の顔色を伺ったり、教義や組織の慣習に従って生きるなんて現代に生まれた幸運を捨てる行為。

それっていったい何のために生きているの?


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください