子供が子供でいることをやめさせるカルト、エホバの証人

エホバの証人というカルトから子供を守るのは大人

『同志少女よ、敵を撃て』より。AmazonのAudibleで聴き終わる直前。

子供でいられなくなった子供たちの無念

市街戦の最中、銃弾の隙を見つけては遊ぶ子供たち。その子供たちが遊ぶのをやめたとき。子供が子供であることをやめるとき。子供が子供でいられなくなるとき。

作中では、子供の子供状態からの早期リタイアを「戦争」が強要している。本ブログのテーマであるエホバの証人2世の場合は、「宗教」。

宗教とか戦争とか重たい普遍的なテーマになってきたが、結局は子供が心身共に健康的な子供のままでいられるか否かは「大人」が握っている。

「戦争」を始めるのは「大人」だし、子供の心を銃弾で射貫くのは「大人」。カルト「宗教」に加入するのも「大人」だし、カルトの狂気で子供を傷つけるのも「大人」。

もうアラフォーの私は「大人」でなければならないし、「大人」であるというのは「子供」たちが「子供」のままでいられるようにする社会的責任がある。そこまで視野を広げずとも、自分の子供たちを守るという義務がある。

子供を深く傷つけるカルト宗教「エホバの証人」を野放しにしないために、このブログは時には過激とも思える表現でエホバの証人を糾弾している。

『同志少女よ、敵を撃て』~本当のことを言えば殺される

『同志少女よ、敵を撃て』~共感と帰属意識による癒し

子供を傷つけるエホバの証人

エホバの証人がどのように子供たちを傷つけているのか?

まずは訴訟にもなっている児童性虐待。子供たちを性的に虐待する一部のエホバの証人の怪物ども。そしてそれを隠蔽・擁護するエホバの証人組織。余計な宗教活動をしたために、子供が決定的に傷つけられ、子供でいられなくなる。

エホバの証人たちは、終末思想を抱き、その終わりの日には正邪の単純二元論で生死がジャッジメントされると信じている。

世界はそんなに単純には出来ていない。ウイスキーの水割りと同じ。善悪入り混じるのが人間、この世界。敵国の子供の足を撃ち抜く兵士にも、自国の自分の家族を愛する心がある。それを〇バツクイズの二択のようにエホバの証人のハルマゲドンで死ぬ奴生きる奴と区分できる訳がない。

単純で愚かな自分たちの幼児性を子供に押しつけ、疑似大人社会に引きずり込むのがエホバの証人。戒律を強制し、信仰を証言させる。守れなければ体罰。自由と好奇心という子供らしさを制限し、安直で幼稚なエホバの証人世界に強制適合させる。

人間は宗教なんかやらなくても生きていける。それなのに、あえて子供を傷つける宗教に入る必要はない。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください