JWの洗脳解除要件、「世の人」ガードを下げさせる

JW海外宣教者の洗脳解除

過日、日本人のエホバの証人海外宣教者は、日本の恥さらしという記事を書いた。タイトルが扇情的だったので、投稿の是非を逡巡した記事。読者さんからこの記事に絡めてyoutubeを情報提供頂いた。

中国へ宣教に行ったJW(エホバの証人)3世が、中国人と交流する過程で洗脳状態が解除。JW脱会に至るというもの。

読者さん曰く、海外に宣教に行ったばかりに洗脳が解除されたという「素晴らしい奇跡」が、日本人のJW宣教者にも起こって欲しいとのこと。ごもっとも。彼女の奇跡の原因は何だったのだろうか?

JWの「世の人」ガードとは

彼女は以下のように話している。

違う言語、習慣の中で・・・
外国語を学ぶことは、単に単語を覚えることではなく自分の思考を変化させること

中国語と一緒に、中国人のモノの考え方をも取り入れたということ。テキストなどの教材だけでなく、生身の人間から言語を吸収しようとした。

そうしないと、語学テストの点数は取れても実際の会話・コミュニケーションが成り立たない。なぜか怒っているように聞こえる中国語で話す中国人と話すには、自分も怒っているように話さないと会話に温度差が生じる。

その差が言語の壁というより文化の壁。その壁を飛び越える手段が、中国人の思考を取り入れるということ。

相手の思考に合わせる過程で、固いJWの洗脳の鎧、殻のようなものにほころびが生じた。もしくはコミュニケーションのため、自ら何でも吸収してやろうという思いになることで、固く締めていた「世の人」に対するガードを下げることになった。

JWは非信者のことを「世の人」と呼んで、深く交際することを避ける。当然、表面的な交際だけでなく、思考に影響を受けることがないように固くガードしている。

このガードが洗脳維持の肝なので、JW組織側も徹底的に「世の人」との不必要な接触を避けるように指導している。特に背教者との接触は厳禁。自ら進んで背教者と交わっていることが明るみになれば、JWにとって死刑宣告に等しい排斥処分になることがある。

排斥というエホバの証人の死刑宣告

JWに「世の人」ガードを下げさせるには・・・

JWの「世の人」ガードを下げさせることが出来れば、思考を変え洗脳からの覚醒に近づけることが出来る。では、どうすれば「世の人」ガードを下げさせることが出来るのか?

海外という異空間で言語を学ばせる。これに近い状態を作り上げる。

例えば、職場に入ってきたJW信者に仕事を教える。本人は仕事を覚えるために「世の人」ガードを僅かに下げる。そこにエホバの証人の何百倍も優れた精神性、生活態度・勤務態度を示せば、洗脳下のエホバの証人も「おやっ?」となる。ちょうど「世の人」ガードが下がっている所なので。

エホバの証人の生活・勤務態度は一般的に見て、相当にふざけている。仕事や家族の問題よりしょうもない宗教活動を優先するので。それをJW本人が「恥ずかしい」と思えばしめたもの。

JWの腐った精神性を指摘・糾弾するのではなく、温和に柔和に認め、本人たちが「恥ずかしい」と思える程の大人対応・神対応で接する。本人たちは世間から迫害されていると思っているし、実際に一般人のJW対応は塩対応になって当然。

「世の人」ガードが下がっている所に、高い人間性で接するとJWには意外に効果があるのではないか。


“JWの洗脳解除要件、「世の人」ガードを下げさせる” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください