ハメをはずすことが許されないエホバの証人2世の子供

選民意識の影響を受けるエホバの証人2世の子供

エホバの証人は非信者の人に対して模範的でなければならないとされている。ものみの塔協会は信者のエホバの証人に対して、法律を遵守し、道徳的に高潔で正直で礼儀正しく勤勉であれとしている。

模範的でなければならない理由は、自分たちエホバの証人は神に選ばれ大患難をくぐり抜ける優れた者であるという意識があるから

大患難とはこの世の終わり、ハルマゲドン。この時点でだいぶお馬鹿さんなのだが・・・本人たちは自分たちが賢いと思い込んでいるので厄介そのもの。

エホバの証人の2世信者の子供も同様。2世信者というのは親の宗教を強制される宗教2世信者のこと。私は両親ともにエホバの証人だった。「この世の人に対して模範となりなさい」と両親によく言われたものだ。

エホバの証人の子供たちは、常にエホバの証人として”ふさわしい”行動をとらなければならない。私にとって、これは鬱陶しかった。エホバの証人が使う”ふさわしい”という言葉は、私にとっては呪いの言葉。

何がふさわしいんだと。親に「それはふさわしくない」と言われれば何もかも禁止。制限される。こうして、エホバの証人の子供は自由のない生活を余儀なくされる。

一瞬たりとも気が休まらないエホバの証人2世の子供

エホバの証人2世の子供たちは、いかなるときも気を休めることが出来ない。エホバの証人の王国会館の中では他の信者の視線があるし、その視線を気にする両親の監視はかなり厳重なもの。

ちょっとでも悪さをしようものなら、すぐにエホバの証人の信者間で密告される。折紙で手裏剣を作って投げたり、魔女の真似をしてほうきに跨ったりするだけでも怒られる。エホバの証人は武器や魔法が禁止。子どもの好きなものは全部禁止なのだ。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ

エホバの証人信者が誰もいない状態でも、当然ハメをはずすことは出来ない。大晦日だとか学園祭だとかというイベントでも同じ。親戚の家でも学校でも、常にエホバの証人2世として”ふさわしい”振る舞いをすることが求められる。

私は父は、エホバの証人の会衆の長老という役職に就いていた。そのため、会衆内の他のエホバの証人の子供たちに対しても模範となるよう言われていた。ただでさえ厳格なものみの塔教義に縛られているのに、それ以上を要求される。

この両親の束縛に逆らうと待っているのは体罰。エホバの証人は体罰を懲らしめと称して推奨していた。親に逆らえば、しこたまお尻をベルトや定規、素手などで叩かれる。こうして、私は窒息寸前の息が詰まりそうな少年時代を過ごした。

元エホバの証人二世の子供の頃の旅行の思い出


“ハメをはずすことが許されないエホバの証人2世の子供” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください