エホバの証人がマインドコントロールされていると言える理由

wikipedia担当のエホバの証人と議論中

エホバの証人のwikipediaがものみの塔協会にとって都合よく書き換えられている話。書き換え担当のエホバの証人と双方向で議論を進めているのだが、話が進まない。理由は、相手がものみの塔協会の論理テクニックを多用してくるから。

前回までの話は命より重い金をむしり取ろうとするものみの塔協会

質問しても、全く違うことを言ってきたり、そもそも都合の悪い指摘はスルーしてくる。故意でないとすれば、深ーい洗脳状態にあるため、都合の悪い情報はシャットアウトする思考回路になっているのだ。

現在はエホバの証人がマインドコントロールしている・していない論争中。このエホバの証人の脱塔を押し進めるべく、粘り強くやっているのだが、私はせっかちなので、我慢できなくて双方向のやり取りで書き過ぎる傾向がある。

書き過ぎると向こうの思うつぼで核心部分はスルーされやすいし、ものみの塔論理テクニックの「すり替え」が使用しやすくなる。指摘・回答できそうな所だけ返信してくるのだ。

よって、我慢して我慢して、短文かつ論点は一つ。一文ずつものみの塔協会がカルトであることを証明していくことにしている。するとフラストレーションが貯まるので、ここで書きたいことを書くことにする。しかもwikipediaは百科事典なので、個人の意見はズバリ書けない。ここで書くしかない。

マインドコントロール用のエホバの証人の新世界訳聖書

wikipedia担当のエホバの証人の意見は、

エホバの証人は自分の意見を聖書から聖句を引いて説明できる。よってものみの塔協会のマインドコントロール下にはない。

という意見。

なるほど、賢いですし、勉強熱心で素晴らしい。クリスチャンの鏡です。

しかしながら、実はエホバの証人が研究しているのは聖書ではなく、ものみの塔協会の出版物。百歩譲ってもエホバの証人用の『新世界訳聖書』

そして、ものみの塔協会の出版物及び、エホバの証人の聖書である新世界訳聖書は、エホバの証人たちをマインドコントロールするために巧みに製作されたもの。

このマインドコントロール用の書籍を熱心にひたむきに勉強するエホバの証人たちは、自分の意志で聖書研究しているつもり。つもりなのだが、その実、研究しているのは、ものみの塔協会の出版物と都合よく変更された聖書、新世界訳聖書。

マインドコントロールとは、気づかれることなく一定の方向に思想・行動を変えられること。エホバの証人たちは、自ら進んでものみの塔研究した結果、自身の望まぬ方向に思考・行動が捻じ曲げられる。

つまりはマインドコントロール。ものみの塔協会の思い通りの信念を持ち、行動をとるようになる。

猛毒の偽書・悪書であるのが新世界訳聖書。さらに、こじつけ・すり替えと恣意的引用を多用した「ものみの塔協会の出版物」は汚物レベル。

そんなもん毎日読んでたら、そりゃ洗脳されますがな。


“エホバの証人がマインドコントロールされていると言える理由” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください