背教者と交わるエホバの証人

私はエホバの証人にとって背教者なのか?

エホバの証人のwikipediaがものみの塔協会によって捻じ曲げられて変更されている件。

当方としては黙っておれず、真実の姿に書き換える。それを先方のエホバの証人が書き換えるというイタチごっこから、思わぬ形でエホバの証人側のwikipedia担当と双方向のやり取りに発展。一日一回は論戦を交わす仲良し?になった。

私が今考えていることは、私が背教者であることを明かした方が良いのか?ということ。

私は自分からエホバの証人になった訳ではない二世信者だったので、背教者であるつもりはなく、腐ったカルトに受けた被害を倍返しにすることと、ものみの塔が存在しない正しい世界に戻したい。という方針で活動している。

もともと従うつもりもないので、ものみの塔協会に背いているとか言われる筋合いは無い。とはいえ、エホバの証人の立場から見ると背教者であることは確実。

エホバの証人は背教者と交わることを禁止されている。であるなら、私が背教者であることをwikipedia書き換え担当のエホバの証人に明かした方が良いのではないかということ。明かすのがフェアなのではないかということ。

エホバの証人のwikipedia担当とのここまでのやり取りは前回の記事

私は未だにエホバの証人に洗脳される危険があるのか?

エホバの証人のwikipedia担当とのやり取りの中で、お互いの身元を探り合う事態に発展する。

先方からは、

あなたは「クリスチャン」ですか?

キモ。質問の仕方が気持ち悪い。まさにエホバの証人。早く脱塔しようね。きもいから。その後、勧誘してくる。おお熱心。熱心。オレは絶対にエホバの証人と一緒に聖書研究なんてしないから。そして絶対にエホバの証人になんか戻らないから。

そう思っていても洗脳されちゃったりするのだろうか?

まあ、私は親が騙されただけで、私が騙された訳ではないし、生まれながらの雌伏の14年を過ごし、14歳で自分の意志で脱塔、エホバがいると洗脳されて信じ込んだ状態で、神エホバを呪って脱塔した人間だから。今さら騙されたりしないよね。

しかし、人間何があるか分からないので、ここは細心の注意が必要。しかも14歳で脱会したあと、20歳過ぎるまでオレの洗脳は解けてないからね。ハルマゲドンくると思っちゃってた。恥ずかしや。気をつけよう。

あなたはエホバの証人ですか?という質問に答えないエホバの証人

あなたはクリスチャンですか?の質問に答えるべきかと思ったのだが、背教者であることを明かすと、それはそれで問題もある。

wikipediaでは自分自身の記事を編集するのは勧められていない。オレみたいな脱塔者、背教者、ものみの塔崩壊を目論む人間がエホバの証人のwikipediaを書くのも実はダメなんだろうね。背教者を名乗りずらい理由はこれも一つ。

ここは先方同様に質問に答えない返し。

逆質問で返す。あなたはエホバの証人ですか?と。エホバの証人であれば、エホバの証人のwikipediaを編集するのは、ふさわしくありませんよ。と送ってみる。

ところが先方も、「あなたはエホバの証人ですか?」という問いには答えない。

こちらが背教者であることを明かしておくのがフェアなのかとも思うが、カルトに対してフェアも何もないよね。黙っておこう。念のためエホバの証人かどうかは確認したし、無回答だったので仕方ないということにしておこう。

こう考えるとやっぱオレって真面目か・・・エホバの証人らしさが残っているのか・・・こんなことでものみの塔を倒せるのか。

という訳で、何でもありでwikipedia論争に臨むことにする。


“背教者と交わるエホバの証人” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください