元エホバの証人二世の任務と宿命~ものみの塔協会を消滅させる

私のトップシークレット

私の20代の頃の話。付き合っていた彼女に私が過去にエホバの証人であったことが発覚し、指摘される。それが直接的原因だったのかは分からないが、この彼女とはしばらくして別れることになった。

私が元エホバの証人二世であるということは、40歳になった今でも誰にも話したくない事実である。私にとって最も触れられたくない最低な話題。

罪の意識があったり、後ろめたいところがある訳ではない。私がカルトにだまされたのではなく、生まれながらに親ゆえにエホバの証人2世として育てられただけ。被害者である。

14歳のときに、自分の意志できっぱりと足を洗っている。親に洗脳し続けられた少年期を自分の考えで否定した。この宗教のせいで一家は離散しているけど、そんな家庭は何処にでもある。

それでも、エホバの証人2世だったという過去には触れられたくない。自ら進んで誰かにこの秘密を話すなんてこともまずない。

エホバの証人2世の子供の苦しみ

季節毎の行事や武道の授業に参加出来ずに、教室の端でクリスマス会やら節分やら柔道の授業を眺めていたときの私を誰にも知られたくない。そのときの気持ちに戻りたくない。

消滅した親子3人の時間と空間、それを失ったときの傷、子供の頃に奇異の視線を浴び続けた記憶、見知らぬ家の呼び鈴をボランティアと称して鳴らすときの恐怖心、存在すらしない神に対する無数の罪悪感。

神エホバはいないというものみの塔協会の嘘に気付いたときの脱力感、ずっと洗脳されていたのかという無力感、こんな簡単な嘘に今まで気付けなかったのかという無能さ、ほぼ全てを真剣に捧げてきた両親へ哀れみ、そんなものを私の心から掘り起こされたくない。

今でも数日に一度はエホバの証人だった頃の夢を見る。目が覚めて、エホバの証人でない自分であることに気付き、ほっとする。エホバの証人だった過去は、心の中の薄い膜1枚に覆われた部分に隠してある。

隠しても隠し切れずに表出してくるほど大きな過去の傷である。消化不良で忘れきっていないものを、今さら引っ張り出されたくない。40歳になった今でも同じ。25年経った今でも癒えないほど、エホバという傷は深い。

元エホバの証人二世の宿命的ミッション

それでも、こうして自ら過去の傷を掘り起こしているのは、前に進むため。やるべきことをやるため。この世からエホバの証人を消滅させるため。エホバの証人として、人生を無為に過ごす人々を救うためである。

子供の頃の辛い冬の時期は、私のものみの塔協会を消滅させるという任務のためにあったのだと今では考えている。

エホバの証人の人間関係が無ければ生きていけないという人が多くいる。だから辞められないと。しかし、そのエホバの証人の人間関係は偽善だ。あなたがエホバの証人であるならば、愛されるという限定的なもの

そんな条件付き愛情は必要ない。捨て去って孤独を感じろ。その孤独は自由で自分らしく素晴らしいし、かつ寂しく悲惨で自らの代償でもある。その孤独を嚙み締めるべき。それが人生。生きるだけの価値は十分すぎるほどにある。

あなたがエホバの証人として活動することで、統治体というエホバの証人上層部の財布が潤う。そしてさらにエホバの証人被害者が増す。これを私は見逃せない。許すことができない。放っておくことができない。

エホバの証人を限りなく少なくし、ものみの塔協会を消滅させることが私の宿命だと感じている。このために私は幼年期・少年期をものみの塔協会に捧げることになったのだと思っている。

エホバの証人をやめる2つの方法


“元エホバの証人二世の任務と宿命~ものみの塔協会を消滅させる” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください