残る者と去る者

残る者と去る者の確執

遂に初めてコメントを頂きました。ありがとうございます。コメントを確認している過程で気付いたのですがメールアドレスを登録しないとコメントできない設定になっていました。煩わしそうですのでこの制限をはずしました。コメントやお問い合わせは批判や中傷でも大歓迎です。

今回コメントを頂いた方はエホバの証人2世として10代までを過ごされたそうです。妹さんがいらっしゃって兄妹でエホバの証人2世としての活動を強制されたとのことです。私は一人っ子だったので兄弟揃ってエホバの証人2世として育てられるという経験はありません。

同時にエホバの証人をやめることが出来れば良いのでしょうがやめるタイミングにずれがあると決定的な兄弟関係の損失につながってしまうのではないかと思います。これは兄弟だけでなく夫婦や親子、友人関係にも当てはまることです。この方はエホバの証人としての活動をやめてからが本当の地獄だったとおっしゃっていました。エホバの証人組織に残る者と去る者の確執のことなのでしょうか。

エホバの証人組織に残る者はものみの塔協会の語ることが真理でそれ以外に救いはないと完全に信じ切っています。肉親がそこを去るということを何としても押し留めたいと思うのは当然のことです。さらには肉親が反対者となれば愛情が憎しみに似た感情に昇華します。

“残る者と去る者” の続きを読む


排斥を怖れるエホバの証人の親の逆効果

親子の絆を断ち切るものみの塔協会の排斥処分

私は生まれながらにしてエホバの証人として育てられた。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめてその後はやりたい放題の人生を歩んできた。ものみの塔協会によって禁止されているようなことをあえて選んでやっている節があった。反エホバ否ものみの塔という立場を積極的に取っていた。

20歳で家を出るまでは未だエホバの証人だった両親と同居していた。”この世”の法律でも禁止されているような未成年の喫煙や飲酒などにも私は手を出していた。ものみの塔協会的には当然それらは禁止されていることである。

両親はこの頃になって私に対して急に甘くなった。幼い頃にものみの塔協会の戒律を厳重に押し付けてしまったことへの贖罪のつもりだったのだろう。未成年の子供がタバコを吸っているなんてエホバの証人の親としては発狂するような状況である。

大人のエホバの証人信者でも喫煙しているのが見つかると排斥処分になる。現役エホバの証人の父親にしてみると一人息子が喫煙を理由に排斥されてしまることは避けたかったのである。それは親子の絆が断ち切られるも同然だからである。

排斥処分となると親子関係でもものみの塔協会は不必要な接触を避けるよう強制するのである。私のようにものみの塔協会に献身する前だと排斥にはならない。私がなかなかバプテスマという献身の儀式を受けろと両親に言われなかったのはこれを見越してのことだったのかも知れない。

“排斥を怖れるエホバの証人の親の逆効果” の続きを読む


不完全な真理は真理ではない

楽園には入りたくないエホバの証人2

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳で自分の意志でエホバの証人をやめる。苦心の末やっとエホバの証人をやめるという決意を両親に告げた。しかし集会のために王国会館へ行く時間になったとき両親に対して

「もう集会に行かない」と言うのがやっとだった。

その日の集会から帰ってきた両親によって私の事情聴取が始まった。いったいどういうつもりでもう集会に行かないというのか?ということである。両親はこれ以前からの私の集会や伝道活動への身の入らなさからある程度はこういった事態を想定していたはずである。

この頃の私は常にエホバの証人をやめるということを考えていて理論武装を固めていた。私の人生の意味はエホバの証人が求めるものとは違う。ハルマゲドンまでの限られた命で構わないから二度と繰り返されることのない現在、今を思い通りに生きたいということを両親に話した。両親と一緒に楽園で永遠の命を享受したいとは思わないとはっきり告げた。

さらにこの頃にはものみの塔協会の教義の矛盾にも私は気付いていた。この晩の事情聴取で背教じみたことも両親に対して口にしていた。批判的に公開講演を聞いたりものみの塔協会の出版物を読んだりすると突っ込み所はどれだけでも出てくる。まさしく完全、完璧な真理では無いということが見えてくる。

“不完全な真理は真理ではない” の続きを読む


エホバの証人2世が親を許すということ

エホバの証人親子の関係修復のチャンス

私は生まれて以来ずっとエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人という神権家族で14歳までを過ごす。14歳になる年に私は自分の意志でエホバの証人をやめた。その後20歳で就職して独立して家を出る。この頃になっても両親は未だにエホバの証人だった。

一人暮らしをしていた時にちょっとした用事があって私は実家へ帰った。私が20代前半の頃である。実家では驚くことに父親がタバコを吸い始めていた。父親はエホバの証人の会衆の長老だったはずなのに!エホバの証人にとって喫煙は厳禁である。組織から追い出される排斥事案なのだ。

どうやら私の父親はものみの塔協会の洗脳が解けたのかエホバの証人をやめたのか、はたまたその両方であるのか、いずれかは確実だった。父子関係を修復するまたとない機会だったのだがタバコを吸っている父親に対し私は歩み寄ることが出来なかった。

後で分かったことだが私の父親はこの頃には既にエホバの証人組織を離れていた。しかし母親はまだ組織に留まっている状態で家庭内別居の状態にあったという。この夫婦の間を取り持つのが一人息子である私の役目だった。

“エホバの証人2世が親を許すということ” の続きを読む


エホバの証人の暗黒の日曜日

カルトに気をつけろ

エホバの証人には日曜日の午前中に2時間の集会がある。これは週に3回もある集会のなかで最も重要な位置に置かれている。女性信者の旦那さんがまだ未信者だったり初めて王国会館に来たりという人が連れて来られるのがこの日曜日の集会である。

最初の1時間は公開講演と呼ばれる花形の男性信者の兄弟による講演である。長々とした祈りと賛美の歌の大合唱の後でこの尋常でなく長い講演が行われる。熱烈な身振り手振りと激しく抑揚を帯びた声で講演の内容が離される。

よく練習された話し方で壇上からマイクを通して自信満々にものみの塔協会の教義を聞かされるのである。聴衆は子供から大人まで熱心にノートに講演の内容を書き留めながら時々うなずくような態度を見せる。

その初めて連れて来られた洗脳集団の中で違和感を覚えて恐怖を感じればセーフなのだが、そうでない人はもう洗脳一直線である。今の私の感覚で行くと賛美の歌の大合唱のあたりで気持ち悪さとヤバさを感じて即座にさようならである。

そもそも初めて王国会館に連れて来られた人は信者たちから熱烈な歓迎を受ける。握手を連続して求められるのである。この段階で今の私なら拭え切れない危険なカルト臭を感じるはずなのだが、1980年代前半頃の私の両親はそうではなかった。

いつの間にか王国会館に来た人を熱烈に歓迎する側に回っていたのである。熱烈な歓迎を一切疑わずに純粋に喜んでしまうような人は要注意である。何物でもないあなたを熱烈に歓迎するのは必ず何らかの理由がある

“エホバの証人の暗黒の日曜日” の続きを読む


初めてお問い合わせを頂きました①

批判も大歓迎

初めて日本語でお問い合わせを頂きました。こんな拙いブログでも誰かに読んで頂けているということが励みになります。ありがとうございました。

私自身いまだに自分がエホバの証人2世だったこととどう向き合っていくかはっきり定まっていない部分があります。批判的な意見も自分で噛み砕いていかなけれないけないと思っていますのでご意見、お問い合わせなど大歓迎です

さて、今回お問い合わせを頂いたのは、おそらく私と同年代の元エホバの証人2世の方です。メールアドレスから察するにおそらく女性の方で21歳のときに排斥されたとのことです。このブログを読んで自身もそうだったと共感できることが多かったそうです。これは私も過去に元エホバの証人2世の方のブログを見ていて感じたことです。

いかにものみの塔協会の統率力や洗脳力が甚大であるかということです。子どもの頃、同時代に全く別の場所で王国会館に通い続けただけで同じような体験をして同じような思考を持つようになるのです。個性を失いロボットのようなエホバの証人2世になってしまうということです。

“初めてお問い合わせを頂きました①” の続きを読む


エホバの墓

エホバの証人の占いと墓参り

ものみの塔協会の教義では占いや墓参りは禁止されている。そのため私は現在に至るまで一度も墓参りに行ったことがない。両親もかつては熱心なエホバの証人だったのでそれぞれ自分の墓というものを用意していない。私の一家はどこの墓に入ることもなく死んでいくことになる。一度も参ったことも掃除したこともない親族の墓に入れてくれというのも今さら言い出せないのである。今でもお盆の時期になるとちょっとした会話の節々にエホバの証人2世だった自分と他人との違いについてまざまざと感じざるを得ない。

ものみの塔協会は星占いを占星術と呼び信者たちに禁止されている。当然星座だけでなく生まれ年や血液型による占いも一切が禁止である。しかし血液型による性格の違いのようなものは科学的な根拠があるとしてエホバの証人の間でも語られることがあった。他愛ない占い全てがエホバの証人には禁止されている。私も子供の頃に占いの本やテレビの占いについて学校の友達と話すことが出来ず寂しい思いをしたものだ。

墓参りについてはもっと厳格に禁止されていて、墓参りしたことが見つかるとエホバの証人組織から追い出される排斥処分になる。今でも私は墓地に近づくとちょっとした違和感を覚える。子供の頃から仕込まれた習性は簡単には抜けないのだ。

“エホバの墓” の続きを読む


空気の読めないエホバの証人2世

願いのない子供

エホバの証人2世は幼い頃から親や会衆内の人々の顔色を見ながら成長する。その場その場に適応しようとする。不適応状態だとこらしめという体罰が待っているし、大人しくお利口にしていると大人から褒められ両親の自慢となるからである。

そんなエホバの証人2世は成長するにつれて自分の意志や主張というものがなくなってくる。少年野球のチームの入りたい、学校の友達とキャンプに行きたい、『魔法使いサリー』を見たい、どうせ全部駄目だと言われるのだ。あからさまにものみの塔協会の教義に反した要望をすると余計に怒られてしまう。ごねたりすればこらしめが待っている。次第に自分の願いを押し殺すようになる。

エホバの証人2世の子供は暑い寒い、退屈となどいったことに対する忍耐力は人一番高い。毎週つまらない集会に5時間も耐え王国会館で座っていなければならない。炎天下や吹雪の中での野外での伝道奉仕活動に週に3時間以上、小学校に上がる前だったりすると週に20時間近くも連れ回されていたのである。苛酷な天候状況の中で子供が望もうと望まないと屋外を連れ回す行為は現代では虐待とみなされるだろう。

エホバの証人2世は自分の身の回りの環境に対してはどれだけでも我慢することが出来る。しかし環境でなく自分の周囲の人間が思い通りに動かないということに非常に憤りやストレスを感じることがある。

“空気の読めないエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人の条件付き愛情

笑わないエホバの証人2世の子供

私がエホバの証人2世だった頃の古いアルバムを見てみると子供の自分の目が虚ろであることに気付く。写真の中の私は全く笑っていない。居並んだ人々の中で一番端に立ってぼんやりと虚空を眺めているのである。エホバの証人2世だった頃は生きている世界に現実味が無かった。

いつかエホバの証人をやめたいとそればかり考えていて、エホバの証人である自分を認めることが出来なかった今の自分は偽物だと感じていた。そうやって私は14歳までを成長した。目に見える景色は灰色だった。エホバの証人をやめたいと感じ始めた10歳あたりから14歳でエホバの証人をやめるまで楽しいことなど何も無かった。

エホバの証人だった頃の楽しい思い出が何も無いという訳でもない。私は9歳のときに両親と一緒に引越しをしているのだが、そのときに開かれた私の家族の送別会の記憶は残っている。この送別会は引っ越す前に”交わっていた”エホバの証人の会衆の信者たちで開かれたものである。

この頃私の家族が住んでいたのは大都市近郊の郊外都市で、今から引っ越す先に比べるとだんぜんに都会だった。エホバの証人の会衆の規模も大きく私の家族の送別会は大きな公民館のようなところを借りて行われたのである。

“エホバの証人の条件付き愛情” の続きを読む


自殺好きなエホバの証人

エホバの証人が輸血拒否する理由

両親は熱心なエホバの証人で私も物心ついたときには既にエホバの証人2世として育てられていた。その子供の頃に腕を骨折したことがあった。今から30年も昔の話である。小学校に入る前のことだ。その骨折の手術に輸血が必要になった。

ものみの塔協会は信者のエホバの証人に輸血を禁止している輸血イコール排斥処分となる。排斥とは破門のようなことで排斥処分となるとエホバの証人社会では村八分状態になる。エホバの証人が輸血を拒否するのはものみの塔協会が輸血を禁じているからである。ものみの塔がなぜ輸血を禁止しているかと言うと聖書に動物の血を食べてはいけないと書かれているからである。

これは主に旧約聖書に書かれている事項である。ものみの塔協会は神とイスラエル人との古い契約を現在の現実に強引に当てはめているのである。動物の血を食べる、血抜きをされていない生肉を食べるということは紀元前の人々にとってある種致命的なことだった。

現在のような冷蔵保存技術や食肉の加工解体技術がないのである。食中毒で一族全滅という事態も充分にありえた。”無駄死に”を防ぐための施政的な決まりである。日本でも明治時代までフグを食べなかった。そんなレベルの話なのである。その食血という概念を何処までも厳格に解釈してものみの塔協会は医療輸血も禁止してしまったのである。

“自殺好きなエホバの証人” の続きを読む