エホバの証人2世のできなかったこと

エホバの証人2世の幼なじみ

私はほとんど生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。幼稚園や保育園といった幼児教育は一切受けず幼い頃から母親によってものみの塔協会の勧誘活動に連れ回される日々だった。幼なじみと言えば同じ境遇のエホバの証人2世だけである。その中でも一番仲の良かったのはジュン君というエホバの証人2世の子供だった。

私は小学校4年生のときに田舎に引っ越しているのでエホバの証人2世の幼なじみもいなくなってしまった。しかし引っ越した後でも同じエホバの証人組織に属していたのでジュン君を始めとする以前のエホバの証人の会衆の近況は何となく伝わってきていた。そして時が経過し私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。ジュン君も同じような時期にエホバの証人をやめたようである。

ジュン君と私の2人で協力してエホバの証人組織を抜ける相談をして手はずを整えるという選択肢もあった。しかしそのタッグを組むには我々は物理的に距離が離れ過ぎていた。私の家庭は両親がともにものみの塔協会に献身していて父親は会衆内でも長老という重要なポジションに着いていた。母親も熱心な正規開拓奉仕者だった。対してジュン君の家は父親がエホバの証人に対しては協力的ではあるもののバプテスマまでは受けていないという状態で家庭環境も異なっていた。





何も話せないエホバの証人

エホバの証人をやめた後で両親との関係をどのようにしていくか。それがエホバの証人2世にとって大きな課題である。そういったことを相談しあえるような友人関係をエホバの証人2世の間で築くことは難しい。

エホバの証人2世は自分の気持ちを押し隠して成長してきたので気楽であるべき友人に対しても本音を話すことが難しいのである。友達だけではない。恋人や配偶者に対しても腹を割って話すことが出来るようになるには時間がかかるのである。

結局、私は誰に相談することもなく自分だけで考えてエホバの証人をやめるプロセスを実行した。両親に今日から王国会館の集会に行かないと告げることから始め、後は徹底抗戦である。ものみの塔協会の活動を何もかもやめエホバの証人の全てを否定した。

この過程で私と両親の関係は微妙なものになっていく。お互いに何も話すことができなくなってしまった。数年後、何らかのきっかけで父親の洗脳が解ける。この原因すら私は知らない。未だものみの塔協会による深いマインドコントロール状態にあった母親と解放に至った父親は離婚することになった。後に母親の洗脳も解けたのだが(おそらく)、この期間に私に何かできることがあったのかと今になって思うのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。