エホバの証人2世が親を許すということ

エホバの証人親子の関係修復のチャンス

私は生まれて以来ずっとエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人という神権家族で14歳までを過ごす。14歳になる年に私は自分の意志でエホバの証人をやめた。その後20歳で就職して独立して家を出る。この頃になっても両親は未だにエホバの証人だった。

一人暮らしをしていた時にちょっとした用事があって私は実家へ帰った。私が20代前半の頃である。実家では驚くことに父親がタバコを吸い始めていた。父親はエホバの証人の会衆の長老だったはずなのに!エホバの証人にとって喫煙は厳禁である。組織から追い出される排斥事案なのだ。

どうやら私の父親はものみの塔協会の洗脳が解けたのかエホバの証人をやめたのか、はたまたその両方であるのか、いずれかは確実だった。父子関係を修復するまたとない機会だったのだがタバコを吸っている父親に対し私は歩み寄ることが出来なかった。

後で分かったことだが私の父親はこの頃には既にエホバの証人組織を離れていた。しかし母親はまだ組織に留まっている状態で家庭内別居の状態にあったという。この夫婦の間を取り持つのが一人息子である私の役目だった。

両親を許すということ

しかし私は自分の自由を満喫することに熱中していてそれどころでは無かった。エホバの証人をやめて7年ほどである。親元を離れてものみの塔協会により禁止されているものの味を確かめている時期だった。タバコに過度の飲酒、ものみの塔協会により不道徳とされる行為まで様々である。そしてこの頃はまだ両親に恨みのようなものを感じていた。幼児期から宗教活動を強制され極限まで自由を抑制されていたことに対して両親を許すことが出来ていなかった。

この頃の私はエホバの証人組織を敵対視しているところがあった。家に勧誘にやってくる無垢の末端のエホバの証人の若者をつっけんどんに追い返したりしていたのである。しかしこれは恐怖の裏返しだったとも言える。無力なエホバの証人たちが押す家の呼び鈴が私の家族を崩壊させ、私の半生と両親の人生の最も実りの多い部分を無に帰してしまったのである。もうこれ以上身の回りに災厄をもたらしてくれるなという思いだった。

ものみの塔協会に入信した両親の気持ちや被害者である末端のエホバの証人たちのことを思いやるような心の余裕はこの頃の私には無かった。親子関係を修復し家族を崩壊から守るということが私には出来なかったのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。