エホバの証人である親との関係

ものみの塔協会から解放されたことによる興奮状態

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。両親は熱心なエホバの証人だったので私が王国会館に行かないと言い出したことに相当に動揺していた。

その後の両親はいつか私がエホバの証人組織に戻って来ると信じることで何とか正常な精神状態を保っていた。相当の覚悟でエホバの証人をやめると決心したので戻るなんてことは私にとって有り得えないことだった。しかし両親はものみの塔協会が真理を語る組織であると信じ切っている深いマインドコントロール状態にあった。真理に気づいた私がいつかエホバの証人組織に戻って来るという発想になるのである。

私はエホバの証人をやめた後は一種の興奮状態になった。あんなにも堅苦しく縛られていたもの一切から自由になったのだ。集会にも伝道には行かなくていい。家で家庭聖書研究や集会の予習をしなくていい。時間が有り余っているように感じられた。禁止されていたテレビ番組好きなだけ見ることが出来る。学校の行事にも何でも参加できるので不要なストレスを学校生活で感じることもない。異性と交際することも出来る。





私は急進的にエホバの証人から離れていきたい衝動に駆られていた。未だに食事の前に祈りを一緒に捧げさせようとする両親を疎ましく思っていた。あなたがものみの塔協会の洗脳が解けてエホバの証人をやめようとするのなら未だに洗脳下にある親のことを愚かだと感じるはずである。

未だにエホバの証人である親との関係

しかし急いでエホバの証人の親から離れる必要はない。ゆっくりと新しい親子関係を築いていって欲しい。私がエホバの証人をやめたときは強烈な洗脳状態にあった両親を見放していた。結果として私の家族は崩壊してしまった。

私はエホバの証人をやめて20歳で家を出た。一人暮らしをしていたのだがちょっとした用事で実家へ帰ったことがあった。エホバの証人の長老だった父親が遠い昔にやめたタバコを再度吸い始めていたのである。これは洗脳が解けたかエホバの証人をやめたかということが確定的な状況だった。これが和解のきっかけになるかも知れなかったのに、

「体悪くしてやめたんじゃないの?」

「体が良くなったからまた吸ってるんだ」というつれない会話で終わってしまった。お互いにエホバの証人のことや自分たちがエホバの証人だった過去のことに触れたくないのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。