親の顔色を見ながら成長するエホバの証人2世

家庭によって違うエホバの証人2世の育てられ方

私はほぼ生まれながらにエホバの証人として育てられた。ものみの塔協会の教義に従って様々なことを禁止され、抑制された幼児期から少年期を送ることになった。友達とキャンプに行きたい、魚釣りに行きたい、昆虫採集に行きたい、空手を習いたい、キョンシーの映画を見に行きたい、ゴーストバスターズの映画を見に行きたい、何をするにしてもものみの塔協会の許していること、許さないことを自分で考えろと教えられたのだった。

エホバの証人の教義には明らかな矛盾が多くある。しかしそれについて疑問を挟むことを許されずエホバの証人2世は育てられていく。キャンプ、魚釣り、昆虫採集についてはそのものには問題が無い。しかし熱中しすぎてエホバの証人の活動に支障をきたすのはNGである。しかも遊びに行くにしてもエホバの証人でない子供と行くのでは無くエホバの証人2世の子供と遊ぶことが推奨される。

遊び相手を選ぶといった微妙なラインは信者の親によって判断されることが多かった。学校の放課後に遊びに行ってしまうようなものについては、私は勝手に遊びに行っていた。集会の無い日ならそれが認められていたのである。しかも帰宅しても父親は仕事に出かけていて母親も伝道奉仕活動に出かけていて家にはほとんど誰もいなかった。小学校低学年の頃から私は鍵っ子だった。





泊りがけのキャンプのようなものになると非信者の子供との交わりとして私の親は許してくれなかった。これは家庭によって厳格さが違った。片親がエホバの証人でなかったりすると意外なほど簡単に許されるのである。誰々の家は許されているというような話を私が両親にすると、誰々の家とは違う。誰々の家は誰々の家、うちはうちだと言われるのがオチだった。

 

親の顔色を見ながら成長するエホバの証人2

先のエホバの証人の2世の希望が叶えられるのか否かの答え合わせになるが、空手を習うのはNG、キョンシーやゴーストバスターズの映画も同様である。ただ幽霊だとかお化けだとかの存在はエホバの証人の教えでは強く否定されているのだが、コミカルに描かれているものだと各家庭の教義を守る厳格さによって許されるかどうかが異なるところである。ただ一般的にもR指定などがかかるようなグロテスクな映画になると駄目だと(ふさわしくないと)言われる。

空手などの武道一切はエホバの証人には許されていない。聖書に

「彼らはもはや戦いを学ばない」

という記述があるからである。ものみの塔協会はこれを言葉のままに受け取って厳格にエホバの証人に適用しているからだ。

こういった許される、許されないという選択を誤り、絶対にダメなことを親にお願いしたりすると親は極端に落胆する様子を見せる。そしてお説教と場合によってはこらしめが待っているのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。