元エホバの証人2世(JW2世)、恥の記憶を糧に前に進む

思いのままに行動することが出来ないJW2世

私はほぼ生まれながらにして、エホバの証人(JW)という新興宗教の2世信者だった。

エホバの証人とはキリスト教系を自称する米国由来の新興宗教で、世界中に信者がいる。日本ではものみの塔聖書冊子協会が宗教法人として活動している。

2世信者というのは、親の宗教を強制される子供たちのことを指す。親がエホバの証人であれば、その親は当然のように子供にこの宗教への信仰を強制する。

エホバの証人の2世信者であるが故に、失ってしまったものや得られなかったものが多く存在する。それらはエホバの証人でない通常の家庭に生まれれば、それほど苦労せずに手に入るもの。

高学歴や高収入であったり、甘酸っぱい恋愛の記憶であったり、両親との温かな関係、バカ騒ぎ出来る友人など様々。

エホバの証人は戒律第一主義で、特に2世の子供にとっては禁止事項が多く世間と隔絶した異常な生活を強制される。親やものみの塔組織に逆らえば、懲らしめという体罰を受ける。

また、ものみの塔教義の根幹として終末ハルマゲドンの預言がある。エホバの証人の子供たちは、戒律に従わなければ、ハルマゲドンで神に滅ぼされるという恐怖にも苛まれる。

私は14才でエホバの証人をやめた。それ以来、手に入れられなったものや出来なかったこと、全てをやり尽くそうとして生きてきた。ある意味、これらは不毛なことだった。

「エホバという偽神とものみの塔という偶像のせいで得られなかった快楽を求めよう」という発想が良くない。

エホバやものみの塔というワードが混じってくる時点でものみの塔協会の洗脳下、支配下から脱し切れていないということ。心の大事な部分は、未だに宗教に汚染されたまま。

大事なのは、本当に必要なものや欲することをそのときの自分の気持ちのままに求めること。このように自分の思いのままに素直に行動すること、これがエホバの証人2世は大の苦手。

幼い頃から懲らしめという体罰と、ハルマゲドンでの滅びによる恐怖政治を敷かれてきた結果。簡単に洗脳は解けないし、自制と顔色伺いの生活習慣も意識せねば変えることは難しい。

エホバの証人が戒律主義である理由3つ

各家庭バラバラのものみの塔基準、親の顔色を伺うエホバの証人2世

恥の記憶と、現在の苦労を天秤にかける

私には、既に取り返しのつかない完全に失ってしまったものが数々ある。エホバの証人2世だった故に手に入れられなかったモノで、もはや返ってこないモノ。普通の学校生活や10代の頃の恋愛経験など。

そういったものが無いことを嘆いても悔やんでも仕方がない。どうせもう戻ってこない。今からでも手に入れられるものはいくらでも手に入る。

子供の頃にものみの塔のために強制的に費やされた時間と同じだけの時間を注げば、ほとんどのものは手に入る。同様に、少年期の恥の記憶を天秤にかければ現在のちょっとした苦労など何の問題でもない。

エホバ、キリスト、宗教と蔑まれた少年期の記憶に比べれば、現状の目的を達成するための手段として、何らかの恥をかくことなど大きなことなどない。こう割り切ることが出来れば、望むものはたいてい成し遂げられる。

問題になるのは幼い頃から周囲の奇異の視線を浴び続け、元エホバの証人2世は自意識過剰になっていること。他者の視線に過敏になっていて、もうこれ以上は何の恥もかきたくない。

しかし、それでは前に進めないし何も出来ない。失敗を恐れるために何も勝負出来ない。宗教にまつわる恥ずかしい思いをする訳ではない。自分の本当に望むものため。恐れずに飛び込んでいくしかない。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください