ものみの塔協会のプレミア出版物

大量のものみの塔協会の出版物

空き家として放置されていた実家の片付けをした。この家が空き家になったのは両親が離婚したからである。両親が離婚したのはエホバの証人をやめるタイミングがずれたからだった。

私が生まれてすぐに母親が王国会館に通い始めた。続いて父親もこのカルトに引きずり込まれていった。そして私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられることになったのである。

14歳のときに私は自分の意思でエホバの証人をやめた。私が20歳で家を出たあとで両親はエホバの証人を順番にやめることになった。このエホバの証人をやめるタイミングがずれたために両親は離婚することになったのである。そして現在の私が思い立つまで15年もこの家は空き家として放置されていたのである。

空き家を家ごと売却するにしても部屋の中の荷物は全て撤去しなければならない。まずは不用品を片付ける所から始めたのだった。売却できるようなものは売却してしまいたかったのだが見積もり業者曰く金になるようなものは何もないということだった。家財道具は古過ぎて粗大ゴミになってしまった。

また実家には大量のものみの塔協会の出版物が残されていた。一冊一冊に相当額の寄付金を支払っていたことを思うと何とも言えない気持ちになる。本棚から溢れんばかりのものみの塔協会の出版物は金の浪費、そして時間と人生が浪費されたことを如実に物語っていた。





一銭にもならないものみの塔協会の出版物

実家に残されていたものみの塔協会の出版物だが売却出来るようなものがないか調べてみた。古本屋に売れるような本はISBNコードがついている一般的な書籍だけのようである。当然ものみの塔協会の出版物にはそんなものがついていないので、プレミアがついて転売出来るようなものがないものだろうかと調べてみた。

ものみの塔協会はころころと預言を改訂しているのでその不義の証拠となるような古い書籍がないかということである。ネット上の情報では排斥者が執筆に関わった『ヤコブの手紙の注解』や用語辞典的な『聖書に対する洞察』などがレア扱いされているということだった。ただオークションなどに出品されている形跡もなく売却ルートは無さそうだった。

実家には『ヤコブの手紙』はあったのだが『洞察』は無かった。しかも残されている出版物には漏れなくマーカーや下線が引かれ不毛な書籍研究の足跡が残されている。余白には聖書からの引用がびっしりと書き込まれていてこの努力が他の何かに向けられていたらと思わざるを得ない。

大量のものみの塔誌や目ざめよ誌の年鑑が年代順に本棚に並べられている。このゴミを片付けるのに逆に費用が発生するのである。エホバの証人に関わると無駄な出費ばかりがかさむのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。