物見塔という悪魔のシンボルマーク

特殊なものみの塔協会の教義

私は子供の頃からエホバの証人2世として禁止事項の多い環境で成長した。14歳のときにエホバの証人をやめると決断し熱心な信者だった両親と決別し現在に至る。両親も私に続いてエホバの証人をやめることになった。しかしものみの塔協会からの脱会の時期が前後したために両親は信条の相違などを理由に離婚することになった。ものみの塔協会に関わったために私の家族は崩壊したのである。

そして私がエホバの証人をやめてから20年が経過し現在に至る。こうして図らずもエホバの証人について考え自分の意見を発信するということになった。私は現役のエホバの証人2世だった頃に真面目にものみの塔協会の出版物の研究に取り組んでいなかった。エホバの証人に関する情報をいざ発信する立場になるとものみの塔協会の特殊な教義に関する知識不足は否めない。

 

エホバという傷を癒すためにできること

しかし自分の知識不足を補うために今さらものみの塔の教義を勉強するなんていうのは吐き気がする。時間の無駄だし私自身が再び悪影響を受けそうな気がする。ものみの塔協会の出版物にこそ悪い霊が憑いている気がするくらいだ。

ものみの塔協会の機関誌「ものみの塔」のあの表紙を想像するだけで寒気がする。あのジグザグ屋根の物見塔のシンボルが描かれている薄い雑誌は悪魔の手紙である。家族を崩壊させ自身の精神を汚染する。





エホバの証人をやめて20年以上経っても私の傷は癒えていないのである。もはや死ぬまでその傷が完全に癒えることは無いのだろう。例えその傷が癒えたとしても、かつてエホバの証人2世だったということを忘れ去ることは不可能だ。

”エホバ”という忌むべき言葉が深層心理に深く刻み込まれてしまっている。冗談のような話だがドラッグストアなどで”ホホバオイル”という商品を見てもゾッとしてしまうのだ。

 

車で走っていてエホバの証人の王国会館の前を偶然通り過ぎることがある。あのパステルカラーの建物を見るといたたまれない気持ちになる。目をそらさずにはいられない。しかし今まさにこの王国会館に通い続けている被害者が多く存在する。日曜日に王国会館の前を走りすぎると駐車場いっぱいに車が停まっている。未だにこの危険なカルトに人生を大きく損なわされている人々が存在するのである。

この被害者たちのために私は自分の経験を書き綴っている。現役信者の組織をやめたいという思いを後押しするために、元2世信者の真のエホバからの解放のために、私は過去の忌々しいエホバの記憶と向き合わなければならないのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。