生き残りの者という勘違い野郎

生き残りの者のカウントダウン

エホバの証人には14万4000人の油注がれた人々が死後に昇天し、キリストと共に地上を統治するという特殊な教義がある。彼らは忠実で思慮深い奴隷と呼ばれ20世紀に入って14万4000人全員の選別が終了していることになっている。昇天前に地上で生きている油注がれた人々は”残りの者”と呼ばれている。生き残りの者ということである。

この生き残りの者の人数はものみの塔協会によって毎年公表されている。最後の生き残りの者が昇天したときにこの世の事物の体制を終結に導くハルマゲドンが起こるというのがものみの塔協会の主張である。この生き残りの者の人数が毎年減り続けているというのが、今がまさに終わりの日であるとものみの塔協会が主張する所以である。

あと何人残っているのかは知らないが、彼ら全員が死ねばハルマゲドンが起こるのである。生き残りの者の人数でハルマゲドンへのカウントダウンが行われているのだ。しかしハルマゲドンは決して起こらないので生き”残りの者”が死に絶えることもない。これに対する言い訳にものみの塔協会は追われているのである。





14万4000人への繰り上げ当選

しかし不思議なことに毎年新たに油注がれてしまう人が発生するのである。それは14万4000人の中に選ばれていた人物が神へ背いたということになる。その欠番を埋めるために次席だった人が繰り上げ当選となり神の宣託が下ったということになるのだ。

初期キリスト教会の十二使徒たちと同様に天にも昇ろうかという聖者が神に対して過ちを犯すなんていうことがあって良いのだろうか?この矛盾に対して私がまだエホバの証人2世だった頃はこういう理論で言い訳がされていた。

“残りの者と言われる信仰の強い人でも道を踏み外すことがある。サタンの攻撃がそんなにも強まっているんだわ”

と完全な洗脳状態にあった私の母親たちは喋っていたものだ。

簡単に神への信仰を覆す。いったいどこが忠実で思慮深いのだか冗談も程々にして欲しいものである。

勘違い野郎による記念式というコメディー

しかし年によっては生き残りの人数が増えたケースもあったのである。これは明らかな矛盾である。既に油注がれてはいたもののそれに気付いていなかった人がいて彼らがやっと神の宣託に気付き始めている。残りの者の増加に対してはこうした言い訳がものみの塔協会によって用意された。この話は私が王国会館へ連行されていた1990年代前半にはされていなかった話なので新しくものみの塔協会から出てきた対案である。

また勘違いで油注がれたと自身で軽々に判断しないようにというお達しがものみの塔協会から出されたこともある。自身の強烈体験を神の光と勘違いして油注がれたと思い込んでしまう人がいるので見た目的には増加しているように見えるが実際はそうでもないというのがものみの塔協会の苦しい説明である。

エホバの証人にとって最も神聖な主の記念式で勘違い野郎がパンを食べちゃって赤ワインをぐいっといっちゃいますとものみの塔協会自らが明かしているのである。冗談のような話である。そもそも油注がれた14万4000人なんていうのはエホバの証人の創作話なので神の宣託を受けたと思い込んでいる人は全員が勘違いしているだけなのだが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。