バプテスマのさなか膨らむ妄想と水着の下半身

エホバ証人のバプテスマとは

エホバの証人の世界にはバプテスマという組織に対する献身の儀式がある。この儀式のポイントはエホバの証人組織に献身するということなのである。建前は神に身も心も捧げるということになっているのだが、実際はものみの塔協会の言うことを妄信的に信じ命も捧げることも厭わないという覚悟の表明となるのである。輸血拒否の教義がある限りエホバの証人は輸血の是非が生存の境界となる場合には組織に殉ずる限り死ぬことになる。交通事故などには充分注意して頂きたい。

このバプテスマはエホバの証人の年に何回か開かれる大会という大規模な集会で行われる。その地区で新たに献身する信者が集められ、大会のプログラムの中で献身にまつわる話がなされる。その後で実際にバプテスマとなる。信者は全員水着に着替えバプテストの男性にお姫様抱っこをされて一瞬プールの水の中を潜らされる。髪の毛一本たりとも水の中から出てはいけない。全身を潜らせなければ失格となる。

献身するのに”ふさわしくない”人の場合は何度やっても体の全部を沈めることが出来ないというエホバの証人の都市伝説がある。神や聖霊によってバプテスマが妨害されているということなのだが、ただの迷信である。エホバの証人の誰かがでっち上げた話である。

この大会は市民ホールや大きな展示館などを借りて行われる。そこにプールを持ち込んで水を張ってこの儀式を行っているのだ。全くご苦労なことだがホールの運営側に許可を得ているのかどうかは不明である。エホバの証人は神のご意志”に沿っているという前提ならば社会的な法規や契約などは簡単に無視する集団である。危険なカルト集団である。大きなホールを貸し切るのは簡単ではないので、バプテスマ用の水を張ったプールの使用を断られたとしても無視して強行するはずだ。





バプテスマのさなか膨らむ妄想と水着の下半身

また心配なのはこの水のことで、複数人が浸かるプールの水が衛生的に保たれているかということである。普通のプールならば塩素で消毒されているものなのだが、果たしてこのプールの衛生面はどうなっているのだろうか。まあバプテスマを受ける当人たちは熱意に溢れ洗脳状態にあるので、そんなことは気にもならないのだろうが。不潔な人や病気持ちの人のあとで同じプールに浸かるのは私なら遠慮したい所である。

また男性信者がバプテストとなるのだが、若い女性が献身するときも同じ男性がバプテスマを施す。水着の女性をお姫様抱っこで抱えるので何らかの問題は生じないのだろうか。異性とのそういった不必要な接触はエホバの証人には禁止されているのだが、こういった例外がものみの塔協会には多く存在する

バプテストの兄弟は円熟した信者であるし、そもそもこの聖なる儀式にそんな不健全な精神が交じることはないというのがエホバの証人の理論だろう。私の私見ではベテランの信者ほど道を逸れているような気がするので、バプテストの兄弟”の中には不謹慎な妄想をしながら儀式に挑んでいる猛者もいるはずである。バプテストの”兄弟”は水着の下半身を膨らませ、普段抑えられている欲望をプールの中で発散させているのだ。やはりこのプールの水には絶対に浸りたくないものだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。