エホバの証人夫婦の性行為、口はNG

エホバの証人の性行為に関する戒律

エホバの証人は過度の欲望を追い求めることを禁止されている。性欲についても同様。夫婦間で行って良いセックスの種別について規定されているほど。ものみの塔協会の特殊な教義は夫婦関係にも大きな影響を及ぼす。

ものみの塔協会の教義では、性行為に口や肛門を使うのは不自然で性欲に溺れている異常状態なのでNG。これは例え夫婦間の合意があっても許されない。

これは私がエホバの証人2世の子供だった20年も前の話なので、今では口を使うくらいは解禁されているのかも知れない。どうでも良いけど。ものみの塔協会の教義の細則・聖書の解釈は結構ころころと変わる。

ものみの塔協会の出版物はニューヨークのブルックリンで原本が製作され、それが各国で翻訳されて出版される。この頃の日本語訳の出版物ではアナルセックスのことを”肛門セックス”と訳されていた。

エホバの証人二世の子供は、こんな露骨なヘンテコワードを物心つくかつかない頃から聞かされる。文章が読めるようになれば声を出してこの変態文書を朗読させられる。たまったもんじゃない。

エホバの証人の集会では、多くの信者たちの前でその「肛門セックス」というワードが声に出して朗読されたり、手を挙げて”注解”として発言されたりする。

中にはうら若い女性信者も混じっており、どんな表情をしていたのか、今となっては思い出すこともできない。完全に狂気の世界、常軌を逸している。

セックスしたら捨てられるエホバの証人2世

自慰行為の罪悪感と背中合わせの快感に溺れていくエホバの証人2世

エホバの証人夫婦の性行為

聖書中にセックスに肛門や口を使ってはいけないとは書いていない。ものみの塔協会の出版物の執筆を担当している欲求不満信者が、変態的に下層信者へ強制しているだけ。

夫婦の寝室にまで入り込み、行っていい性行為の種類を限定するというものみの塔協会のデリカシーの無さには呆れるばかり。

夫婦双方がエホバの証人信者であった場合、夫婦間での性行為に関する前提は欲望に溺れないということになる。このため、夫婦の片方が物足りなさを感じることも当然ある。片方が信者でない場合はもっと問題。

相手のエホバの証人的には過度と思える要求に応じることは出来ない。さらには禁止されている行為に関しては拒否するしかない。心の底から嫌な訳ではなく、ものみの塔組織がダメと言っているからという理由で。

これは離婚の理由になることもありえる。


“エホバの証人夫婦の性行為、口はNG” への2件の返信

  1. 私は門徒(浄土真宗)なので、ほかの宗教に興味もあります。
    しかし、想像通りの異常さですね。
    男の子、かわいそう。
    浄土真宗では親鸞様も「オナニーぐらいええやないか」とおっしゃってます(解釈です。あくまでも)。仏さんの前で夢精をぶっぱなして、仏さんの裳裾を汚してしまったらしいですから。
    仏さんも「ええの、ええの、若いんやから」とお優しいお言葉。

    1. 返信が遅れて申し訳ありません。
      価値観や信条を強制し、一切の妥協や解釈の自由を認めないのがカルトと他の宗教の違いだと思います。自分で考えて判断することが許されないのなら、いったい何のために生きているのか?何のための宗教なんでしょうか。
      心のよりどころとなるべき宗教に、懐の深さ、許容、寛容さ、こういったものが欠けていると何の意味もありませんよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください