遅すぎることなどないカルトからの脱出

絶望からの一歩

エホバの証人をやめる過程で家族が崩壊した私の父親は家を飛び出して国内を放浪していた。夜の防波堤での無意識下での自殺未遂に続き、私の父親は国内を彷徨う日々の中でも無一文になって死ぬということが出来なかった。しかしそんなぎりぎりの生活がたたって高熱を出して倒れ、本当に死にそうになってしまったという。生きたいという人間本来の無意識の欲求と死んでしまいたいという絶望が父親の中で交錯していたのである。

現在の父親はその病気の時に知り合い介抱してくれた女性と一緒に暮らしている。その女性は当時すでに夫と死別していたそうだ。その女性の子供の一人に警察沙汰になるような悪い友人と付き合いがあり、それを断ち切るために私の父親は奔走したという。

エホバの証人の長老は会衆内の信者の個人的な問題を本質的に解決することは出来ない。私の父親もそうだった。エホバの証人の組織に殉ずる長老のような”特権”階級は上からの”内密”文書の指示に従順に従うだけなのだ。会衆内の信者一人一人に対して生身の人間として接することが出来ない。

遅すぎることなどないカルトからの脱出

エホバの証人のときには出来なかった一人の人間として誰かに生身で接するということ、さらにはその人々の助けとなること、私の父親は組織を去ったあとでこれを成し遂げたのである。宗教家とはとても言えない人間的には未熟なエホバの証人には例え長老でも出来ないことである。これがこの後の私の父親の生きる糧となったのかも知れない。ものみの塔協会のマインドコントロールから解放され自分の意思でモノごとを考え、自身の行動を自ら決定するということが出来るようになっていたのである。

私の父親は弱い部分もあったが、一人息子の私から見ると男として立派で強い部分を多く持っていた。とても頼りになるかけがえのない存在だった。ものみの塔協会に一家まるごと侵食されたせいで私の家族は崩壊したが、それでも父親に対する一人息子としての信頼は揺らいでいない。父親が母親を捨てて家を飛び出した後でも同じである。

人はいつでもやり直せるのだ。ましてや真面目で強い私の父親のようなタイプの人間ならば当然である。その生真面目さがものみの塔協会に付け込まれる一因ではあったのだが、人は失敗しつつ学び前進していくしかないのだ。

ものみの塔崇拝という罪を悔い改めるのに遅すぎることなどない。死の間際でも良い。一瞬でも楽園での永遠の命という幼稚な希望に疑いが生じたのなら、すぐにものみの塔が原因で仲違いしている家族に詫びるべきである。あなたの命はこれ一度限り、死ぬまでにやるべきことやるしかないのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。