エホバの証人2世の陰険な性格

エホバの証人2世の子供に受け継がれるものみの塔協会の悪習

私の通っていた小学校では、近所の生徒たちが朝決められた場所に集合し、そのあとでまとまって登校していた。その集団登校の時に6年生になると下級生を連れて先頭になって登校しなければならない。

私が小学6年生だった頃、やはり下級生を連れて登校していた。そのとき私は下級生の1人を口頭でいじめてしまっていた。もう相手が誰だったかさえ覚えていないのだが、一番小さな子供だろう。

自分より弱者のちょっとした弱みを見つけると、そこを口頭で攻撃してしまうのである。小学校へ入ったばかりの頃から、上級生の中でも底辺に属しているような生徒に対しても、口頭で悪口を言ったりしたものである。

そういったいじめが暴力に発展することは無かったのだが、そもそも誰かに対して悪口などを言いたかった訳ではない。暴力はいけないとエホバの証人の教義で厳格に決められている。悪口、陰口も良くないのだろうくらいは解るものだが、大人のエホバの証人信者の間では陰口、噂話が日常的だった。エホバの証人2世の子供たちはこういったものみの塔協会の悪習を受け継いでしまうのである。

陰険な性格のエホバの証人2世の形成のされ方

エホバの証人2世だった私は小学生の頃から給食の前にも合掌をしないし、クリスマス会にも節分の行事にも参加しなかった。ものみの塔協会の戒律により多かれ少なかれ他の宗教臭のするものは一切禁止されているからである。そんな変わり者のエホバの証人2世は同級生から奇異の視線を浴び続ける。私は子供の頃、周囲の子供からエホバ、宗教、キリストと言われて蔑まれていた。上級生に宗教野郎と言われるたびに深く傷ついていったのである。

この反動が自分より弱い者たちへの口頭攻撃だった。これが子供の私の逃げ場でありストレスのはけ口だったのである。先生や父兄などの大人や自分より強い者がいる前ではそれをやらない。エホバの証人2世に特有の二面性、裏表である。これはものみの塔協会の密告主義と場面によって教義を使い分ける裏表のある組織である影響を如実に受けているからである。

ものみの塔協会の厳しい戒律によって縛られるストレスと他人から奇異の視線、異物への攻撃を受けエホバの証人の子供たちは傷ついていく。さらにその反動で弱者への攻撃を始める。エホバの証人2世の陰険な性格はこうして育てられるのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。