命を粗末にすることで気付いた限りあるゆえ貴重な生

不条理な死を迎えざるを得ないというエホバの証人2世の幻想

私は交通事故で車を3台も廃車にしている。それがエホバの証人の2世として育てられた過去と何らかの関係があるかと言われれば、特に因果関係は無いのかも知れない。強いて言うなら、ハルマゲドンでどうせ死ぬのだと14歳でエホバの証人を辞めてから20歳を過ぎるまでそう思っていた。どうせいつか不条理に死ぬのだからと、ありえないスピードで車を走らせていたのである。

エホバの証人は輸血拒否という信条で生命を冒涜しているが、形式上は神から頂いた命や身体を大事にするように教えている。その教義を否定する暴走行為は反エホバ的なものを追い求めていた私にとってうってつけだったのである。

ものみの塔協会は、教義に反しない限りはという条件付きで一応は上位の権威に服することを信者に要求している。スピード違反の暴走行為もこの頃の反ものみの塔という私の生き方にマッチしていたのである。

夜明けの気付き

一晩中、片側2車線の国道をメーターが振り切れるほどの速度で走り回っていたことがある。翌朝、ふと考えるとあのスピードで何かに激突すれば死は免れないだろうと思った。

まだ死にたくないと私はそのとき切実に思ったのである。いつか来るハルマゲドンで私はほぼ確実に滅ぼされるのだが、それでもまだ生きていたいと思ったのだった。命を粗末にすることで、現在の生は短いゆえに貴重であるとようやく気付いたのである。

この時より前に私は2度、交通事故で車を大破させている。その2回とも車の前方部分が完全に潰れるような事故で、私自身が無傷で負傷者が誰もいなかったのは驚きとも言える。3度目に車を全損させたのは、夜明けに生きていたいと実感したこの時から10年後だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。