英雄的アダム、自由意志を放棄または没収されるエホバの証人

アダムの原罪こそが、人類を進化させた英雄的行動

『近現代日本とエホバの証人』から。第一章「エホバの証人の救済観と組織観」の後半。

人間の原罪の話。

エホバの証人における救済は、個人における現実的な幸福追求と著しく矛盾し干渉しあうようにも映るが、そもそもエホバの証人においては、何が幸福かを人間が自ら決定すること自体が不幸の原因とされている。

エホバの証人的生き方は個人における現実的な幸福追求とは正反対。昨日の記事でも書いたが、エホバの証人は間違いなく不幸になる。

この点を正当化している『ものみの塔』の記事によると

人間は神から独立するようには創造されていない

いや、例え神から独立するように創造されていないのだとしても、私は神から独立するよ。神が私の独立を妨げるのなら、ちっぽけな命を賭けて断固神と戦う。そもそも、そんなケチくさい神は人間の想像の産物だろうが。

人類の原罪とされているアダムとエバの神への挑戦。これこそが盲目だった人類を刮目させ、素っ裸の動物から知識と恥じらいを備えた人間に変えた英雄的行動。永遠に生きる家畜から有限の「時」という概念を知った高度な知的生命体への進化。

自由意志の行使タイミングを大きく間違えているエホバの証人

「自由」の適切な行使に関する記述なのであるが、エホバの証人の教説によると、人間には、神からの賜物として「自由意志」が与えられており、エホバ神は、人間がロボットのような従順を示すことを求めていない

らしいのだが、これは大いにクエスチョン?エホバの証人こそ、雁字搦めの無個性、圧倒的束縛のもとロボットのように組織にプログラムされたとおりの行動をとるようになる。男性はネクタイ、女性はスカートと服装までプログラミングされている。「ソレハ、フサワシクアリマセン」と。

これに対する回答、エホバの証人の自由意志とは

何が幸福であるかを個人が選択できるという意味での自由意志ではない。エホバの証人においては、神への忠節を示すという点で自由意志を行使しない限り、幸福になることも救済されることもない

エホバの証人的自由意志とは「エホバの証人になるんだー」という世界一愚かな決断をするということ。最も自由意志を行使したらダメな所で、こっきり一回きり間違った使い方して、それ以降エホバの証人は自由意志を剥奪される。入口だけは自由意志が作用している人もいるので、自由意志の放棄と言ってもいい。

人類には自身の幸福のあり方自体を思考・選択する能力が付与されておらず、そのような仕様として創造されたのであり、人類の幸福な状態についてはエホバ神だけが知っている

大きなお世話。そんな神願い下げ。そして、人類は自分で幸福を取捨選択するように作られているよ。例えば、生ビールの3杯目と4杯目の間。幸福はそこにある。5杯目以降飲み続けて二日酔いの苦しみを味わうか否かも、幸福を今と未来に配分する自由意志。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください