エホバの証人(JW)、「血を避ける」比喩のこじつけ

エホバの証人の低レベルな比喩、こじつけ

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』より。

聖書の「血をタベルナ」を輸血拒否にまで超拡大解釈して、生命を冒涜するエホバの証人の不思議。その謎に下記のような回答がされている。聖書内に「血を避けろ」と書かれているのをものみの塔が引いている。

<もし医師がアルコールを避けなさいと言ったとすると、それはただ口から飲んではいけないという意味であって、血管に直接注入するのは差し支えない、ということでしょうか。もちろん、そうではありません!ですから、『血を避ける』ということも、血を体内に少しも取り入れてはならないという意味です。>

完全な詭弁。筆者はこれを、「実に明快な比喩」、「なるほどねぇ」と評しているが、これはどうかしている。

しょうもない戯言でもしっかり潰しておかないと。

「アルコールを避けなさい」って言われても消毒にはアルコール使うでしょ。これは用法の問題であって、完全拒否、回避するか否かの問題ではない。

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』~偶然サバイバルした者の務め

輸血拒否が子供の意思であろうとなかろうと、ものみの塔の罪は重い

血を避けろってのなら、自身の身体の血液は避けなくて良いの?

エホバの証人は不道徳を避ける。考えを及ぼすことも避ける。徹底的に避ける。私みたいにグラビアを見てニヤニヤしたりしない。完全に不道徳を、自身の精神からも避けるよね(少なくとも避けたいとは思っている)。

だったら、「血を避けなさい」も同じ、自分の身体になみなみと流れる血液も避けるべきなのでは?アルコールの例えはこのレベル。例えとして不適切。

逆に例えると、

「医師にアルコールを避けろと言われても、アルコール消毒や手術の前に自信の身体に触れる器具がアルコール消毒されることは避けませんよね。同様に、血を避けろと聖書に書いてあっても、適切な医療行為に用いられることや、既に体内にある自分自身の血を避ける必要はないのです」

あと、医者にアルコールを避けろと言われなくても、血管にアルコール入れる奴いないよね。元からあり得ないアルコール血管注入という暴挙を、輸血という医療行為の比喩には使えない。

エホバの証人は避けろと言われていない液体なら何でも血管に入れるっていうの?オレンジジュースとか?まさか、エホバの証人の血液は本当に無添加の赤ワインで出来ているんですか?たしかに、それならアルコールですけど。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください