エホバの証人をやめたあとの生き方

禁止事項の多いエホバの証人二世の反動

私は14歳の時に自分の意志でエホバの証人をやめた。しかし、その後停滞することになった。その原因は何だったのか考え続けてきた。

エホバの証人2世だった頃は、全てを抑制されていた。あれもダメ、これもダメ。全てものみの塔協会の戒律に依って制限された。テレビも見られなかったし、ゲームは絶対ダメ、男女交際なんて永遠に禁止だった。

エホバの証人を辞めて、その制限から自由になった。すると私は、何もかもを手に入れたいと思い始めた。手に入れなければならない。ナンバー1にならなければならないという思いに駆られる。

ありとあらゆるテレビ番組と映画を見なければならないし、本もゲームをあらゆるジャンルのものを全て見なければならないと考えていた。それには余りにも時間が無かった。

しかし、何もかもを手に入れ、頂点に立つなんてことにこだわる必要は全く無かった。ある程度のものを手に入れられれば充分だし、この世の組織の頂点に立つ必要もない。

なぜなら、今までが何も持たなさ過ぎた、何も出来なさ過ぎたから。エホバの証人であると蔑まれ、疎まれてきた。それから自由になれば、充分楽しい人生を送れる

自意識過剰なエホバの証人二世の脱会後

子どもの頃から学校の行事に参加できないため、変人扱いされた。奇異の視線を浴びた。学校の給食の前には一人だけ合掌でなく、祈りのポーズ。ド変態。こうして私は周囲の視線を怖がる性格になった。過剰な自意識が養われてしまった。

エホバの証人を辞めた後でもこれは変わらず。誰にも彼にも見られているし、注目されているから、見返してやらなければならない。1番になって誰よりも幸せにならなければならないと考えていた。

これも間違い。変わった宗教をやっていたという親ゆえの過去があるというだけで、周囲の人はそんなこと気にも留めていない。自分の意識ほどに周囲の人は私に注目していない。

そもそも周囲にどう思われるかというのは我々の幸不幸に影響しない。自身の幸不幸に関係するのは、自分が何を大事にし、どう生きているかということだけ。

我々自身がカルト2世被害者であった過去とどう向き合い、それから自由になるか。そして無限の選択肢からどんな将来を選ぶか、それが第2の人生の主題になる。

私にとって、その主題の一つは、ものみの塔協会を崩壊させ、不幸なエホバの証人を撲滅すること。このためにこのブログを書き、活動している。

この世を彷徨う元エホバの証人たちへ

エホバの証人をやめた後で気をつけること3点~この世での生き方


“エホバの証人をやめたあとの生き方” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください