エホバの証人の禁令下の子ども、サバイバルしたのは奇跡

禁止事項の多いエホバの証人の子ども

私が子どもの頃、何をするにしても両親の許可が必要だった。両親の許可と言っても、両親自身の裁量ではなく、ものみの塔の教理に準じて判断が下された。

わが家は、エホバの証人というカルト宗教の完全マインドコントロール下にあった。

小学生くらいの年齢になると、エホバの証人の2世信者は、ものみの塔の教理を頭に叩き込まれる。

そのため、サバイバルゲームがしたいだとか、友達と初詣に行きたいなどと言い出すと、親にこっぴどく怒られる。明らかにものみの塔の教理に反しているから。親に聞くまでもなく、自分でNGと判断してしかるべきということ。

エホバの証人は戦い・戦闘系が一切禁止。他宗教に関わることも厳禁。クリスマスだとかバレンタインといった、楽しい行事のすべてが禁止だった。

微妙な判断が必要なことについて、両親に許可を求めることになる。地域の行事であるキャンプに行きたいだとか、このテレビ番組が見たい、そういったこと。

学校外の任意参加の行事について、私の親からは基本的に許可が出なかった。両親は、この世の人々との交流は不必要で悪影響をもたらすと決めつけていた。そのため、任意参加型の行事への参加は、エホバの証人の教理に反していなくても、ほとんど認められなかった。

エホバの証人の親によって禁止されるテレビ・音楽

テレビは視聴時間が決められていて、1日30分とか45分。しかも見ることのできる番組は厳密に決められていた。暴力的なモノや下品なモノはNGだったので、ほとんどのアニメやバラエティはダメ。戦隊モノだとかキン肉マンは論外。

性的な描写があるとキスシーン程度でもNG。そのため、テレビドラマは、ほぼ許可されることは無かった。エホバの証人の家庭によっては、チェンネルがNHKしか映らないように設定されるケースもあった。

時間や電気の無駄なので、テレビそのものを置いていないというエホバの証人の家庭も。私の家でも、時期によってはテレビが無かったり、NHK専用テレビにされたりしていた。

私が見ることを許されていた番組は『サザエさん』だとか『わくわく動物ランド』くらい。

また、買いたいCDがあると、母親と一緒に試聴することになる。歌詞にちょっとしたNGワードが出てくると許可がおりない。「キス」だとか「抱かれたい」という歌詞があるとダメ。

テレビ番組でも、キスシーンが始まったりするとすぐにテレビを消される。むしろ、自主的にチャンネルをかえるくらいでないと怒られる。

私も、面倒くさい子ども時代をおくったものだと思う。こんな禁令下の生活をしながら、よくぞ無事に大人になれたと思う。

無事に大人になったのは奇跡で、何度か自殺未遂をしているし、命が惜しくなかったので、車を暴走させて事故を起こしたり。生き残ったのはたまたま。偶然なのか、奇跡的なのか。

かろうじて私が生き残ったのは、ものみの塔を崩壊させるためだと考えている。そのため、こうして日々、自分の経験談を書いている。ものみの塔の危険さと無意味さを啓蒙し、被害者を減らすため。現役信者がこれを見て、目ざめるため。

エホバの証人2世の自殺と自傷行為

元エホバの証人2世の暴走人生の先に待つ真実


“エホバの証人の禁令下の子ども、サバイバルしたのは奇跡” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください