ものみの塔協会による逆説的洗脳状態

エホバの証人という災厄

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親ともに非常に熱心なエホバの証人でいわゆる神権家族だった。私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。それ以後、私の家族は家庭の崩壊、両親は離婚に至るという取り返しのつかない状態に陥った。

もはや私と両親の家族関係の修復は不可能である。これは私の家庭がエホバの証人だったからという理由以外にはない。エホバの証人の創始者であるラッセルと2代目の会長であるラザフォード、どちらも円満な夫婦関係は築けなかった。エホバの証人は家族や夫婦という最低限の人間関係を充実させる宗教ではなく害をもたらす災厄的存在であると考えるべきだ。

逆説的な洗脳状態

エホバの証人をやめた元エホバの証人2世にとってエホバの証人だった頃の記憶は苦々しいものである。学校の行事のことごとくを宗教上の理由で忌避し、給食の前の合掌のときには、ただ1人両手の指を組み合わせて密やかにエホバに祈りを捧げていたのである。こんなおぞましい過去を思い出したくもない。さらにエホバの証人だったという過去を周囲に知られるということも避けたい事態である。

私は中学生のときにエホバの証人をやめ、高校は無意識にも自宅からだいぶ離れた学校を選んだ。この高校を選んだのは制服を着なくても良かったり、高等部の上の課程まで自動的に進んでいくのだが、その辺りになると自動車で通学している学生もいたりという自由奔放さに惹かれてのことである。しかし無意識下では、もろにエホバの証人だったことを知っている中学生時代の知り合いがいない、新しい環境に進みたいという思いがあったのかも知れない。いわゆる高校デビューである。

とりあえず高校ではエホバの証人として生きていく必要は無かったので、通常通りの学校生活を送った。逆に高校2年生くらいからは普通の生徒よりもエホバの証人から程遠い生活態度になっていった。喫煙や飲酒を始めたり女の子や友達と夜遊びしてそのまま学校に登校したりという状態である。ものみの塔協会の教義にがんじがらめにされていた反動だったのだが、今までは色々なことをエホバの証人2世であるという理由で何も出来なかったので、何にでも手を出してみたかったのである。

私はかくあるべきというエホバの証人像、エホバの証人として”ふさわしい”のか否かということを、常に第一に考えさせられて幼少期から少年期を成長してきた。ものみの塔協会から自由になったときに、逆にいかにエホバの証人らしくないかということを重視するようになってしまった。この頃はまだ天には神エホバが君臨していてハルマゲドンも勃発すると信じていた。いかにエホバの証人らしくなく振る舞うかということを重視することで逆説的にものみの塔協会の洗脳下にあったのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。