エホバの証人2世の高校デビュー

エホバの証人2世の高校デビュー

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人をやめる中学生までの友達というのは現在の私には一切存在しない。エホバの証人2世だったという暗く辛い過去を思い出すのでその頃のクラスメイトの顔など今でも見たくないのである。

中学生までのクラスメイトには私が変わり者のエホバの証人2世であるということが十二分に知れ渡っている。学校の給食の合掌のときには手を合わせないしクリスマス会にも参加しない。週末になると妙にかしこまった格好をしてボランティア活動と称して家にやって来る。ものみの塔協会の勧誘活動のためである。私は随分と危険な奴だと認識されていた。自ずと中学校以前の同級生との交流は廃れていった。

私にとって幸運だったのは家からだいぶ離れた高校へと進学したことである。いわゆる高校デビューである。エホバの証人2世ではない新しい自分として高校生活を始めたのだった。そしてさらなる幸運なことは30歳を超えた今でも交流がある友人たちとこの高校時代に出会えたことである。





元エホバの証人2世の友達

不規則な友人関係の構築しかしてこなかったエホバの証人の子供は友達を作りにくい。エホバの証人の親からはエホバの証人組織の中だけに友達を作るように強制される。趣味も性格も合わないのに同じエホバの証人2世である不運という共通項だけで友達をあてがわれるのだ。学校の友達には変な奴だという目で見られ本音でぶつかることが出来ない。そもそもエホバの証人の集会や伝道活動のために存分に遊ぶことが難しいし、禁止事項の多いものみの塔協会の教義のために出来る遊びも限られてくる。

お互いにエホバの証人をやめた後で父親から言われたことがある。

「お前を友達の出来にくい育て方をしてしまった」ことを後悔しているというのだ。はっきり言えば”エホバの証人2世として育ててしまったことを後悔している”ということなのだが、エホバの証人をやめた人間にとってはエホバのエすら聞きたくない発したくない言葉なのでこんな言い方になるのである。私の父親としてはエホバの証人2世として育ててしまったために発生した最大の被害が友達を作りにくいということだったのだろう。

その私にとってようやくの普通の学校生活で出会えた友人たちとの関係は非常に価値のあるものだった。多感な高校時代をエホバの証人であるというレッテルを貼られてただ一人過ごしていたとすると今の私はこの世に存在しない。その辛さに絶望して私は自ら命を絶っていたからである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。