エホバの証人親子の適切な関係

14歳の決意

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。両親はともに熱心なエホバの証人だった。私は10歳を過ぎた頃にいつかエホバの証人をやめたいという漠然とした希望を抱き始めた。大人になって独立したらエホバの証人をやめられるかも知れないというその程度の願いである。

この願いが14歳になる前に強い決意に変わる。私がサッカーに熱中し始めたからである。王国会館に通ったり伝道奉仕活動に出かけたりする無駄な時間をサッカーの練習をする時間に充てたいと思い始めたのだ。しかしこの決意を私はなかなか両親に告げることが出来なかった。

エホバの証人をやめると決意した後も何ヶ月間もダラダラと集会に通い”割り当てられた”神権宣教学校のプログラムもこなしていた。伝道奉仕活動にも参加し続けていた。この頃は本当に精神的にきつかった。やらなければならないこと、やりたいことは明らかなのにそれを出来ないのである。その邪魔をしているのは何よりも私を愛している両親なのだ





親子だからといって何もかも同じである必要は皆無

私は両親の一人息子で両親からは充分に愛情を注がれて育てられた。エホバの証人をやめるということは両親の愛情を裏切ることになると私は思い込んでいた。親を裏切るということは子供にとってとても辛いことである。

しかし親と違う道を歩むということは両親を裏切ることでも何でもない。親と子は遺伝的に決定的に似た部分はある。しかし親子は全くの別人格であり異なったものを追い求めるのは当然である。

親が1番大事にしているものを子供も同様に最優先にしなければならない道理はない。現役のエホバの証人2世の人々はこれを理解して欲しい。これを割り切ることが出来れば親に愛されているゆえにその親と違う道を歩むことに苦しい思いや辛い思いをせずに済む。

この理論は深い洗脳状態にある人々には通用しない。本来は最優先されるべき子供の願いよりも神エホバを優先するからだ。その神エホバの背後にあるのはものみの塔協会というカルト教団である

ものみの塔協会は子供の願いが教義に反する場合は絶対に許容しない。この一点だけをとってもものみの塔協会は宗教組織としては明らかに欠陥がある。ものみの塔協会は抜きにして親子の問題は親子で解決すべきものなのだ。ものみの塔協会はそういった欠陥全てをエホバの証人信者全員に対して情報統制を敷くことによって隠蔽しているのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。