エホバの証人2世の希望

エホバの証人2世の希望と決意

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。10歳を過ぎた頃にエホバの証人をやめたいという漠然とした願いを抱き始めることになる。ものみの塔協会の禁止事項の多い教義と熱心なエホバの証人だった両親から自由になりたかったのである。集会や伝道奉仕活動に自分の時間を割かれるのが嫌でたまらなかった。

独立して親元を離れれば多少は自由になれるしそれまでの辛抱だと思っていた。1人で暮らすようになればエホバの証人をやめる前だとしても何でもやりたい放題である。王国会館に通うことやものみの塔協会の勧誘活動、エホバの証人そのものをも親元を離れればやめやすいだろうと思っていた。いつかエホバの証人をやめるという希望だけが10歳を過ぎた頃の私にはあった。

しかしこの脱エホバの時期を大きく前倒しにするきっかけとなったものがある。14歳から16歳にかけて私がサッカーに熱中することになったのだ。これがエホバの証人を今すぐにでもやめるという決意の理由になった。グダグダ王国会館に通っている時間があればサッカーの練習をしたかったのである。





両親の愛情という足かせ

しかしサッカーに集中したいのでエホバの証人をやめたいということを両親になかなか言い出せなかった。両親と両親の信じる宗教が私の足かせになっていることは明らかだった。それでも両親の期待を裏切ることは簡単には出来なかった。エホバの証人をやめるという私の決意を言い出せないまま月日が過ぎていったのを良く覚えている。

自分の決意が両親に対するとんでもない裏切りであるような気がしていた。いっそのことエホバの証人をやめると言った瞬間に勘当されて家から追い出された方が楽だった。しかしそうはならないことを私は解っていた。一人息子として充分に愛情が注がれている私を両親が捨てるはずが無いという確信があった。エホバの証人をやめるということは両親の愛情に対する裏切りなのだとこの頃の私は思っていたのである。

幼い頃からこらしめという体罰を受けたことは回数が数え切れないほどだった。不条理なものみの塔協会の教義のせいで私には全く自由は無かった。学校の行事にも参加することが出来ずその都度恥ずかしい思いをさせられてきた。

しかし両親からは充分な衣食住と愛情を充分に与えられてきた。それなのに両親の1番大事にしているものを私が放り出すということはとても重い罪に思えて仕方が無かったのである。エホバの証人をやめて王国会館にも伝道にも行かないと、私はなかなか両親に告げることが出来なかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。