音痴なエホバの証人2世

運動音痴なエホバの証人2

私はエホバの証人2世として物心ついた頃から育てられた。毎日のように母親に連れられてものみの塔協会の伝道奉仕活動に出かけていた。そのため幼稚園や保育園といった幼児教育を受けていない。ものみの塔協会的にはそんなものは必要がないというスタンスである。王国会館に連れて行くことや家庭での聖書研究が何よりの情操教育になるのだというのがエホバの証人の親たちの言い分である。

私は運動が苦手でリズム感が無く絵も下手だった。両親いわく幼稚園だか保育園で幼い頃にそういった練習をしていないからだろうということだった。その代わりに本を読むことや文章を書いたりするのは得意で、小学校でも体育や音楽、図工以外の成績は優秀だった。

小学校の主要科目での私の成績が良いのは子供の頃からものみの塔協会の出版物に慣れ親しんでいるせいだと両親は常々自慢していた。運動が出来なくて音痴でも構わない。そんなものはエホバの証人として楽園に入るのに必要が無いというのが両親の意見だった。

父親は高校時代にインターハイに出るほど運動神経が良かったのに私にはその血は受け継がれていなかったようである。また全く運動やお遊戯をしなかった幼児期の影響も大きい。好きこそ物の上手なれと言うが出来ないものを好きになるのはとても難しい。プールの水泳で50mのノルマの距離を泳げるようになったのもクラスで最も遅い部類だった。





スポーツを禁止されるエホバの証人2

しかし私は野球が好きだった。決して上手いとは言えなかったがとにかく好きだった。当時最もメジャーなスポーツだからだろう。私の通っていた小学校には少年野球のチームがあった。私はその野球チームに入りたかった。ただ熱心なエホバの証人だった私の家庭ではそんなことが許されるはずがなかった。

終わりの日が近いというのにスポーツに打ち込むなどもってのほかなのである。それよりもその終わりの日が近いという良い便りを”宣べ”伝える活動に従事すべきなのである。それがエホバの証人たちが追われている強迫観念である。ものみの塔協会の活動を熱心に行わないと来たるハルマゲドンを無事に通過し楽園で永遠の命を享受することが出来ない。これがものみの塔協会の思想なのである。完全にジョークに聞こえるのだが当の本人たちは必死である。これがマインドコントロールの成果なのだ。

この世の終末が近いのならば余計に今やりたいことに集中すべきである。人生という儚いものに何か意味を見つけようとするならばその思いは格段に強まる。私がそういった思いに至るのは14歳のときだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。