エホバの証人の父親の悲劇

エホバの証人が捧げる多大なる人生の浪費

私の父親はものみの塔協会に20代から40代までの貴重な時間を捧げてしまった。組織に献身し何もかもを失ってしまった。一家は離散し仕事の経歴はスキルのさほど必要とされない業種の転職だらけだった。財産もほとんど残せていない。何より一番大きな損失は若さとそこから来るエネルギー全てをものみの塔協会に吸い上げられてしまったことである。貴重な時間と多大な労力とをものみの塔協会のために浪費してしまったのである。

私の家庭では経済的な面でもものみの塔協会のために多大な浪費を行っていた。通算になると恐ろしい金額となる多額の寄付をしていたのである。毎月幾らと決めた金額を王国会館の寄付箱に入れていた。何たる浪費だろうか。エホバの証人は金銭に執着しないように、守銭奴にならないようにと教えられ、惜しげもなく自らの財産のほとんどをものみの塔協会に捧げてしまう。エホバの証人はものみの塔協会が発行する出版物を一冊たりとも漏らさず手に入れる。そしてその発行に見合う分の寄付金を暗に要求されているのである。

この世の終わりは近いので世俗の仕事に集中することは許されない。ものみの塔協会はフルタイムの仕事に就くことを勧められていない。世俗の企業は全て滅ぼされる、その終わりの日のことを”ふれ告げる”活動に自分の時間の全てを費やすことを要求されるのである。





エホバの証人として生きることの皮肉な結果

私の父親がものみの塔協会の嘘に気付き、カルトに騙されていたことを知った時の無力感たるや恐ろしいものだっただろう。まさか自分がカルトに騙されているとは思いもしなかったのである。それが強烈なマインドコントロールの結果である。洗脳状態にある本人には疑う気持ちすら起きない。ものみの塔協会に近づくということはとても危険なことなのである。

エホバの証人はものみの塔協会以外の宗教団体は全て偽りの組織で大いなるバビロン”であると教えている。その張本人たるものみの塔協会も実はバビロン的なのである。ものみの塔協会の頂点には統治体と呼ばれる数人の白人の独裁者が君臨している。無償の労働力で得た利益で投資活動を行い、地域によって厳しさの度合いの違う戒律やご都合主義の教義は偽善者のそれである。ものみの塔協会の隠蔽体質は一般企業や自治体と何ら変わらない。

何たる皮肉だろうか。騙され全てを奪われ、エホバの証人の言うところのパリサイ人的”な厳重で禁止事項の多い戒律を一人息子に押し付けてきた責任に、私の父親はさいなまれただろう。そしてエホバの証人を見限り、カルトの一派であると見極めたのは一人息子だったエホバの証人2世の私の方が先だったのである。

また私の父親は会衆の長老として責任ある立場にあった。多くの人々を正しい光の方向へ導いているはずのつもりが、実は最悪な団体の悪の手先となってしまっていたのである。その罪悪感も大きかったのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。