エホバの証人2世だった私の子供の頃の記憶

真夏の幼児期の記憶

私は小さな頃に無性に遊びたくなったことが何度かあった。エホバの証人の2世として常に抑圧された厳しい環境にあったせいである。印象的に覚えているのは2回である。

1度目は小学校に入る前のことである。暑い夏の日のことだった。自転車に乗れる年齢だったので、1人で家からちょっと離れた場所にある児童館に行ったのである。ちょうど昼のご飯時で児童館には誰もいなかった。私はたった1人、この児童館の体育館にあるトランポリンで延々とジャンプし続けた

母親の目の隙をついて家を自転車で飛び出して来たのだろう。家へ帰ればすぐに午後からの野外奉仕活動に連れて行かれるのである。何となく落ち着かない気持ちだった。それでも真夏の昼間に暑い体育館の中で私はたった1人、無心にトランポリンで跳ね続けていたのである。

小学1年生の夏休みの記憶

もう1回も同じく真夏の昼間のことである。これは小学1年生の夏休みのことだ。私は小学校に入学する直前に左腕を骨折して、そのギブスが取れたのがこの初めての夏休みのことだった。ずっと体を動かすことが出来なかったストレスもあった。またも家を自転車で抜け出して近所の公園へ行った。

この時もちょうど昼食時だったためか公園には誰もいなかった。私はたった1人、暑い夏の日差しの中で猛烈にブランコをこぎ続けた。左肘の包帯がまだ痛々しかったのを覚えている。

夏休みだったので午後からは母親と一緒に伝道奉仕活動に出かけなければならない。夕日が傾くまで、いつまでもいつまでも遊んでいることは出来ないのだ。へとへとになるまでブランコをこいだら良い加減に家に帰らなければならない。ただこの時の私は何もかもを忘れ、汗を流し無心でブランコをこぎ続けていたのだった。

無意味にも思える子供の遊びだが、これは私にとってとても重要な意味を持っていた。日頃のものみの塔協会の教義と親の束縛から、この時だけは、ほんの一瞬だけ自由になれたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。