行事不参加のエホバの証人生徒に対して、先生ができること

エホバの証人の生徒を抱える先生

宗教虐待を成立させる

昨年2022年末の厚生労働省の児童への宗教虐待Q&Aより。子供が行事参加を望むのに、宗教的理由で学校行事への不参加を強要すると、心理的虐待またはネグレクトに該当する。

本日の報道より、エホバの証人の子供を見かけたら児童相談所へ即通報を

エホバの証人(JW)の禁止事項まとめ~過酷なJW2世の子供の学校生活

エホバの証人生徒を抱えてしまった学校の先生に出来ることは何だろうか?

七夕などの学校行事に参加しないエホバの証人の子供がいたとして、次の質問をしてみる。

「もしも、エホバの証人でなかったら、行事参加するか?」

この質問に生徒は「Yes」と答える。そりゃそうだ。不参加な理由はない。

エホバの証人の子供でも、学校行事に参加するのが当たり前だとは認識している。その当たり前を妨害しているのが、「ハルマゲドンで滅ぼされる」というエホバの証人の歪んだ世界観。

子供が本心では参加が当然と考えている、つまりエホバの証人でなければ、当然のように参加したい、参加すると望んでいる行事を、歪んだ世界観で脅し、不参加に追いやっている。これで宗教虐待成立でしょ。児童相談所へ通報を。

「エホバの証人でなかったら、行事参加するか?」

この質問に対して、子供は事実でしか答えていないので、エホバの証人親に子供が責められる筋合いはない。その筋がエホバの証人親に通るかどうかは不明だが。

エホバの証人の親には、宗教虐待加害者になっていることを、先生、もしくは児童相談所から説明するべきだろう。子供にエホバの証人の歪んだ世界観さえ教えなければ、普通に行事参加していた。子供の当たり前を奪う宗教虐待ですと。

エホバの証人親は、歪んだ世界観という指摘に「真理ガ―」とか寝ぼけたことを言うだろうが、「その真理は世間では通用しません。ハルマゲドンで子供を脅すことは宗教虐待です」とハッキリ言ってやればいい。

教育者になりたいのなら・・・

“行事不参加のエホバの証人生徒に対して、先生ができること” の続きを読む


学校の先生が、エホバの証人(JW)の子供を救う方法

学校の先生がエホバの証人の子供を救う方法とは?

エホバの証人の子供が各種行事に参加しない理由は・・・

昨日の記事の続き。2023/03/05放送の『真相報道バンキシャ!』を見ながら。エホバの証人の子供が学校行事への不参加を強制される件。

この屈辱の日々に対するエホバの証人日本支部の回答がトンチンカン。

エホバの証人は他の宗教の習慣に基づく祝祭日には参加しません
とはいえエホバの証人は家族と楽しい時間を過ごし子供たちにいろいろな贈り物をしています

公式発表として、これはどうなの?バカなの?

「楽しい時間」って?楽しいか、楽しくないかは子供が決めること。お前が決めるな。

「いろいろな贈り物」って何?いろいろって何だよ。具体的に言えよ。そして、「個別の家庭の事柄に関与しない」エホバの証人日本支部様がどうして、各家庭の事情をご存知なのでしょうか。嘘八百並べてんじゃねーよ。

そもそも、話をすり替えるなって。宗教臭のするイベント一切を不参加することでエホバの証人の子供たちがどれだけ辛い目に遭っているか、そのことをどう捉えているのかコメントを出せ。

家族との楽しい時間も贈り物も要らないから、クリスマス会で奇異の視線を浴びるのだけは嫌だったんだよ。

楽しいことが大好きなはずの子供が、なぜイベントに参加しないのか?もしも戒律を破ってイベントに参加したらどうなるのか?キッチリ答えろ。

その答えは「ハルマゲドンでの滅び」だよね。はい。それが児童虐待です。

無根拠、エホバの証人の格闘技禁止の理由

エホバの証人2世だった私が望んだ「強制」と「配慮」

エホバの証人の子供に対する質疑の仕方

“学校の先生が、エホバの証人(JW)の子供を救う方法” の続きを読む


元エホバの証人の常識は、現役エホバの証人の非常識

元エホバの証人二世の昔話

現役エホバの証人ながら、一般女性と付き合っちゃう男性が散見される件。推定二世信者の若者。特殊案件なのか、よくある事象なのか不明なのだが、ちと考察中。

私の高校時代の記憶。やがて30年前なのだが・・・

私はド田舎から、郊外の学校に通学していた。この頃の私は、既にエホバの証人をやめていた。生まれながらに背負ったエホバの証人二世という重荷を降ろしたばかり。ところが、入学したクラスに現役エホバの証人が二人もいるという。

エホバの証人情報網を通じて、親から聞いた。彼らは私と違って都会育ち。無論、二人の方でも私が脱会エホバの証人であるという情報は入手済み。エホバの証人の親を持つとこうなる。プライバシーも何もあったものではない。

信仰を黙秘するエホバの証人

“元エホバの証人の常識は、現役エホバの証人の非常識” の続きを読む


学校や職場での証言で、心が死んでいくエホバの証人

心が死んでいく、エホバの証人

学校生活がストレスになるエホバの証人の子ども

エホバの証人2世の子どもは、進級の都度、新しい担任の先生に自分がエホバの証人であること告げなければならない。給食のときに合掌できない、国歌や校歌が歌えない、各種行事が禁止など、学校生活全般に支障がでるから。

これは、エホバの証人用語で証言と呼ばれている。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ

これは子どもにとって大きなストレス。私も、4月になって担任が変わるのが本当に嫌だった。面倒くさい先生だと話が長引くし、なかなか納得して貰えない。子どものことを本気で考えてくれている先生もいたのだろうが、

「本当はどうしたいのか?エホバの証人の教理を守りたいのか?」と聞かれても、エホバの証人の子どもにしてみれば、本心を明かせるはずがない。

本当は七夕飾りを作りたいと言おうものなら、親に体罰を受ける。

エホバの証人の子どもは教団の洗脳下にあるので、エホバの証人の教理に反対する学校の先生は悪魔サタンの手先だと信じ込んでいる。そうそう簡単に心は開けない。

学校の先生は、エホバの証人の子どもに対して下手に教育的指導をするよりも、家庭での体罰の証拠、その他児童虐待の証拠を掴んで児童相談所に通報するなどの対応をした方が手っ取り早い

もしくは、人生を楽しむことの有意義さを身をもって示すか。子どもは本質に気づきやすい。言葉でなく生き様を見せるしかない。

同僚に対して、信仰の証言を強制されるエホバの証人

“学校や職場での証言で、心が死んでいくエホバの証人” の続きを読む


元エホバの証人2世の高校デビュー、トップシークレットな過去

元エホバの証人2世の高校デビュー

元エホバの証人2世の高校デビュー

私は、中学2年生のときにエホバの証人を脱会。そして高校へ進学。この頃は、村民全員が知り合いのような地方のド田舎に住んでおり、私がエホバの証人の子どもであるというのは周知の事実だった。

この状態から脱するために、高校はできるだけ遠方の学校を選択した。専門性の高い学校だったために、学区外へ通うことができた。こうして、かつて私がエホバの証人だったことを知る人がいない環境へ進学。

ついに、エホバの証人でない自分として、高校デビュー。田舎暮らしが嫌で仕方がなかったので、都会(といっても地方の郊外都市だが)の学校へ通うことも楽しみだった。

そうして進学した私は、いまだエホバの証人だった両親から、聞きたくもないことを聞かされる。進学した先のクラスに、なんとエホバの証人2世が2人もいるという。片方は献身までしているという。

献身することでものみの塔崇拝という罪を犯すエホバの証人

“元エホバの証人2世の高校デビュー、トップシークレットな過去” の続きを読む


エホバの証人2世が剣道事件で失った貴重でかけがえのないモノ

エホバの証人2世に待つ悲劇

エホバの証人の神戸高専剣道実技拒否事件とは

エホバの証人には武道禁止の戒律がある。これは聖書内の

彼らはもはや戦いを学ばない

という聖句をそのままに受け取っているため。武道の授業すら一切受けないという解釈に至っている。それ以外にも、エホバの証人は兵役を拒否するし、攻撃的な漫画・ゲーム・テレビ番組・映画を避ける。

この教理を原因として起こった事件が、エホバの証人の神戸高専剣道実技拒否事件。1990年度にエホバの証人2世の学生が5人、神戸高専へ入学した。その5人が剣道実技の授業への参加を拒否、5人揃って体育の単位が得られず留年。

5人のうち、3人は翌年は諦めて剣道の授業を受講し進級。あとの2人はまたも剣道授業の実技拒否。結果、退学。その内1名は、退学処分を不服として訴訟。最高裁まで争い勝訴し復学する。

マインドコントロールエホバの証人の決断力の乏しさ

“エホバの証人2世が剣道事件で失った貴重でかけがえのないモノ” の続きを読む


中卒上等のエホバの証人2世、綱渡りの10代の進学

エホバの証人の教育方針とは・・・

エホバの証人の教育方針

私は物心ついた頃からエホバの証人の2世信者として育てられた。

エホバの証人とは通称JW、自称キリスト教系の新興宗教。日本国内ではものみの塔聖書冊子協会という名称でも知られている。アメリカ合衆国由来のカルト。

2世信者とは親の宗教を押し付けられる子どものこと。

私がエホバの証人として子ども時代を過ごした1980年代、信者の子どもたちに通常の教育は不要という風潮があった。そのため、私は幼稚園や保育園といった幼児教育を一切受けていない。義務教育だけは仕方が無いので受けさせるが、高等教育は不要であるとされていた。

エホバの証人が子どもへの教育を軽視するのは、まもなくハルマゲドンというこの世の終わりが来て、世界の仕組みが全部無くなるという理由から。勉強して、学歴を身につける必要などないと考えられていた。決して、学歴だけが教育の成果ではないのだが。

これは、私がエホバの証人をやめた1990年代前半頃までのこと。

1914年の嘘と1995年の冗談

1995年のものみの塔協会を知らないエホバの証人2世

ものみの塔協会、ノストラダムスより焦っていた

“中卒上等のエホバの証人2世、綱渡りの10代の進学” の続きを読む


信仰の証言を強制される、エホバの証人2世の子どもたち

信仰の表明を強要されるJWの子ども

他の宗教を一切認めない、エホバの証人というカルト

エホバの証人の信者は団体で集まって布教活動をするだけでなく、個人的にも伝道を行うことが求められる。それは証言と呼ばれている。自身の信仰の証言をするということ。

家族、親戚、同僚、上司、学校の同級生、先生などに、自身がエホバの証人であることを告げ、誰かれ構わずエホバの証人に勧誘することが求められている。

エホバの証人の本家米国の話だが、刑務所でエホバの証人が宗教勧誘会を開いた。その際、参加したのは児童性虐待で収監されていた受刑者だけだった。

結果、エホバの証人組織内で児童性虐待が起こりまくり。誰かれ構わず勧誘を行うから。エホバの証人の王国会館は児童性虐待の悪の巣窟になっている。

Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』

家族まるごと被害に陥れるカルト宗教。神は自分の心の中に入れば良い。周囲の平和な日常を妨げてまで、巻き込む必要はない。

これは極端な例えだが、夫婦で片方が信じる宗教があり、もう片方がそれを認めつつ別の神に祈っても良い。お互いの神を押し付けあう必要などない。逆に、

エホバの証人は、教団が造り出した唯一神エホバ以外を一切認めていない。古今東西すべての神々と、無神論者を悪魔サタンの手先だとしており、エホバの証人への改宗を迫る。

エホバの証人に改宗しなければ、来たるハルマゲドンで滅ぶ”この世”の人であると蔑まれる。悪影響があるから、と交流を避けられる。

信仰の証言を強制される、エホバの証人の子供たち

“信仰の証言を強制される、エホバの証人2世の子どもたち” の続きを読む