雪だるまを作れないエホバの証人2世の子供

雪だるまを作れないエホバの証人2世

息子の小さなころの写真を見ていると、雪だるまと一緒に座っている写真を発見した。彼の全身の大きさが雪だるまと同じくらい。何とも可愛らしく懐かしい。息子がまだ歩けるかどうかの年齢なので、雪だるまは私が作ったものだろう。

私の小さな頃のアルバムにも似たような写真があった。雪だるまと並んでいるのだが、よく見ると違いがある。息子のは雪を球状にしたものが2つ重なっている雪だるま。不格好ながらに私が描いた目、口もついている。私の小さい頃のは雪を球状にしたものが一つだけ。頭がついていない。

私の子どもの頃の写真は、微妙な表情の幼い私、その横に丸い大きな球状の雪。気にしなければ、そのままスルーなのだが、私はその写真を見ていて悲しい事実を思い出した。これもエホバの証人にまつわるものである。

子どもの私はコロコロと雪玉を転がして大きな球にして雪だるまの胴体を作った。そしてももう一個、一回り小さめの雪だるまの頭を作ろうとしたのだが、ここで両親にストップをかけられたのだ。

雪だるまはエホバの証人にふさわしくない。という理由で。

雪だるまが禁止される理由

エホバの証人は偶像崇拝を禁止している。また、他の宗教に対して敵対心むき出しで攻撃する。異教の習慣、風習、それらをやること、見ること、全てを禁止しているのである。ここに柔軟さは一切ない

小さな子供が楽しく雪だるまを作っている。その瞬間にも、ものみの塔協会の教義が厳格にきっちりかっちり適用されるのである。雪だるまは偶像にあたるので製作禁止、ただの玉にしなさいと。作ってもそんなもの拝みやしないというのに。だるまというのは仏僧でもあるので、異教のもの、ハイNGと。そういう訳だ。

それならば、そもそも雪だるまを造るつもりでコロコロと転がし始めた段階で偶像作成ではないのか?いざ頭をくっつけて完成というクライマックスで寸止めされた私の悲しさと虚しさ。そして諦め。逆らえば待っているのは懲らしめ、愛のムチという体罰、虐待である。抵抗することも、自己主張することも幼児の間にやめてしまっていた

虐待された両親を許すのか

私の両親はものみの塔協会の深い洗脳下にあったので、こんな顛末も仕方がないと言えば仕方がない。だが、私が思い出す子どもの頃の思い出はこんなのばかりだ。楽しいことの続きを思い出すと出てくるのは、エホバ、エホバ。エホバのせいで出来なかったこと。悲しかったこと。恥ずかしかったこと。悔しかったこと

子どもの私にこんな思いをさせていた両親は、30年以上経った今、そのつけを払っている。自責の念にかられ、罪悪感に苛まれている。そして、私はそれを慰めることもない。許しているのか許していないのかと言えば、もうどうでもよく許しているのかも知れない。今は反面教師としているのだが、あえて過去のことを掘り起こして、和解しようという気にもならない。我々の家族はあまりにも深い傷を負っているのだ。

違うだるまの話「だるまさんがころんだ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください