ノアの箱舟は神話であるとコアラが証明する

ノアの箱舟の疑問

真理真氏作成のエホバの証人解約のための資料。インターネットでダウンロード可能。JW解約-エホバの証人の真理を検証する

第6弾「原理主義者の限界」の「聖書の不思議」の項目より。ノアの箱舟の矛盾が指摘されている。

ノアの箱舟とは、ノア一家以外の悪人を掃討するために、地球全体を神が水没させた逸話。ノアの箱舟には、ノア一家の他に地上のありとあらゆる全ての動物が載せられた。種の保存のため。

動物は雌雄の2匹ずつだったり、種によっては雌雄7匹ずつ。そして、全地球が水没。箱舟から解放された動物が現在の世界に散らばるという設定。この時点で無理がある。

例えば、肉食獣とか一日にどれだけ肉を食べるか?箱舟内はすぐに共食いが始まるだろう。草食動物にしても同じ。すぐに食糧が無くなる。狭い船の中に動物をギチギチに詰め込んだ状態だと、伝染病の問題もある。すぐに全滅するだろう。

よって、ノアの箱舟の話は事実ではなく、ファンタジーとして捉えるべき。神話である。ここから何らかの教訓を得るか、物語として聞くか。童話のたぐい。

しかし、エホバの証人はこのトンデモ「神話」を事実として、ありのままに信じている。残念ながら、小学生より頭が悪いのかも知れない。だからカルトにハマるんですな。疑ったり、多面的に物事を観察して検証したり出来ない。嘘か真かの二択で判別する。

嘘か真かの二択なら、ノアの箱舟は嘘確定なのだが、エホバの証人たちはものみの塔の主張だけが正という立場をとるので、ノアの箱舟もすべて真実と捉えてしまう。洗脳の完成形がこれ。

聖書に「エホバ」は出てこない~罪深い新世界訳聖書

性悪神エホバはお引き取りを

コアラが証明する聖書の神話性

この不思議ちゃんのノアの箱舟にさらに突っ込みを入れているのが、本資料。オーストラリアのコアラはどこから来た?という指摘。

箱舟にコアラやカンガルーの種が保存されたのなら、箱舟が流れ着いたトルコのアララト山からそれらの種が広がるはず。すべての種がトルコを中心に広がるべき。

事実はそんな訳はなく、コアラやカンガルーはオーストラリアの固有種。日本にだって固有種が存在する。

他に本資料では聖書の他の部分と整合性が取れていないことを指摘している。他の書と整合していないので、聖書は別々の神・宗教の書物が合算されただけ、一貫して、唯一の神の霊感を受けたものでは決してないという指摘。

具体的には、洪水で全滅したはずのネフィリムという人種が後世に再登場している件。

あとは、洪水以前から存在した川が現在でも残っているという点。大洪水で世界がリセットされたはずなのに、地形がそのまま残っている点を疑義としている。


“ノアの箱舟は神話であるとコアラが証明する” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください