ものみの塔1975年の終末予言、聖書が科学より正確なわけがない

聖書が科学的測定より正確だなんて言っちゃう奴は・・・

目ざめよ!1972/7/8号より。アホっぽい記事があったので投稿。

『聖書の年表代のすぐれている点』という記事。

「誰々が何才で誰を生み、その誰々がまた何才で誰を生み」みたいな系図が延々と書いてある聖句。聖書中たまにある退屈極まりない記述。その創世記11:10-26を引用したあとで

これは,いずれかの年を見落としたり2度数えたりすることなしに計算し,その数字を書きしるして保存しうる人間の手で保持されてきた年代表です。そして,わたしたちも計算を行なえますし,それらの記録中の年数を大洪水の時から加算して,今日までの年代を4,340年と算定できます。このほうが,枯死して長年を経た木の年輪を相互に関連させながら計算したり,地層に基づいて算定したり,放射性炭素時計にかかわる不確かな要素すべてを考量して算定したりするよりももっと当てになるのではありませんか

ならねーよ。

そんなしょうもない聖句、下らなすぎて誰か書き写し損じるんじゃね?人の手書きなんて、一番間違えやすく信用ならない部分。

エホバの証人は、写本は二重チェックしていたとか何とか言うんだろうけど、そんな人力作業は一切あてになりませんから。

読み合わせ確認していても、聖書の系図なんて暇すぎるから間違えるだろ。

それが何千年も間違えずに連なってきた、なんてことを信じられるのは盲信にすぎない。

科学的測定よりも聖書が正確だなんて言っちゃうのは、おバカさんっぷりを自らさらしているようなモノ。

そもそも起点になる年が大洪水って・・・。物語、神話が科学より信用できるわけがない。

ノアの箱舟は神話であるとコアラが証明する

ついでに、見事な予言ハズシもピックアップ

だから、この記事の続きでこうなる。お見事!予言ハズシ!

将来のことを考える多くの科学者がこの1970年代を,幾つもの冷酷な勢力のもたらす大混乱と最終的な大災害に世界が直面する時代として注目しているのは単なる偶然ではありません。しかもその勢力は致命的な影響力をこの世界にすでに集中しつつあるのです

多くの科学者って誰なんだろう?最終的な大災害とは?致命的な影響力をこの世界に集中しつつあるその勢力とは?いったい何が致命的だったのか?

これは、「目ざめよ!」1972/7/8号の記事。かつてものみの塔聖書冊子協会が声高々に予言していた1975年終末説のことだろう。

アホすぎるやん。1972年、予言の3年前でもまだ引っ込めてなかったのか。

予言ハズシておいて、聖書の年表の方が科学的測定より正確とか言われてもね・・・という話。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください