ものみの塔協会がエホバの証人から搾取した102億円の寄付金を使い込み

消えたエホバの証人の寄付金102億円

エホバの証人の代表者「織田正太郎」氏が事故死したのが2004年。この件は

エホバの証人日本支部の調整者「織田正太郎」の事故死が示すこと

この事故死に関連して発覚したスキャンダルについて、ネットでダウンロードできるJW解約資料が触れている。この資料は

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

今回のスキャンダルは『消えた102億円の謎』。1995年以前には224億円あったエホバの証人教団の基本財産が1995年には121億円に減少。日本中のエホバの証人が寄付した102億円が使い込まれたことが発覚している。

前述のものみの塔日本支部の代表役員織田某氏が亡くなった後、次のものみの塔代表役員の発表がなぜかされなかった。次の代表役員を調べるために登記簿謄本の履歴事項全部証明書を入手したところ、この使い込みが発覚。

この後は推測になるのだが、株ですっちゃったんじゃないかという指摘。1995年は株の暴落があった年だからという話。

エホバの証人たちは寄付金の使用用途を知る必要がある

米国本部のものみの塔教団も株の運用は行っており、軍事株やタバコ産業株での運用実績があり、それがバレたらすぐ手を引いた過去がある。詳しくは

フィリップモリスと軍需株が大好きなものみの塔協会

日本のものみの塔協会も、同様に株ですっちゃった疑惑が上がっているということ。もしくは米国本部へ送金されたのかとも記載。

いずれにせよ宗教法人法では信者に財産の処分について公告しなければならないことになっている。これは法律より神を上位に置くものみの塔的には無視してもいいという強引論理が展開されるだろうが、信者の寄付金がどう運用されているのかは、明らかにすべき。

エホバの証人信者は低学歴で低収入な人が多いので、貧乏な財布から出した寄付金がいかに大事に大事に使われているか。知りたいはずだ。株でやっちゃいました。じゃ済まない。

投資に失敗すると排斥されるエホバの証人

関連スキャンダルとして、エホバの証人組織から排斥された本間某氏についても記載されている。この本間氏がものみの塔日本支部の資金を投資していた説がある。

この本間氏が102億円の損失を出したということ。結果、本間氏はエホバの証人組織を排斥されている。当然と言えば当然なのだが、いやいや愛溢れる組織が金銭問題で排斥とかはあり得ませんな。

詐欺とかでなく投資に失敗しただけなら、愛溢れる宗教組織から破門される話ではない。なぜならエホバの証人の排斥事由は、暴力とか不道徳・喫煙・輸血で投資の失敗は関係ない。

また、投資に失敗した本間氏の責任もあるのだが、投資を委任していた側にも責任がある。とはいえ、この本間氏の一件も推測で真実は分からないのだが。


“ものみの塔協会がエホバの証人から搾取した102億円の寄付金を使い込み” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください