量産されたエホバの証人2世ロボットたちの顛末とそこからの離脱

エホバの証人2世ロボットが量産されるカラクリ

エホバの証人の子供たちが同年代の子供に比べてお利口に見えるのは、しっかりと教育されているからなのだが、この教育方法が大問題である。こらしめと称される体罰はパンツを脱いでお尻を直にベルトや素手で叩かれる。この体罰はパンツを脱ぐのを恥ずかしく感じる年頃まで繰り返し行われる。また2世の子供たちは、ハルマゲドンで自身の体を焼き尽くされ滅ぼされるという恐怖のイメージを植え付けられている

おとなしく座っていなければ即座にこらしめが待っているし、親の言うことを聞かなければ来たる終わりの日に天から降り注ぐ火球で焼かれることになる。こらしめと洗脳による恐怖政治により、エホバの証人の子供たちは見た目にはお利口な2世ロボットとして量産されるのである。しかしその内面はこの幼い頃からの抑圧によるトラウマでずたずたに切り裂かれているのだ。

“量産されたエホバの証人2世ロボットたちの顛末とそこからの離脱” の続きを読む


ロボットのように育てられるエホバの証人2世

ものみの塔協会の子供を利用した信者の獲得方法

エホバの証人の2世たちは小さな子供の頃から王国会館に連れて来られている。彼らはおとなしく座って壇上からされるありがたいお話を聞いている。この2世の子供たちのお利口さは信者でない人々が見ると驚きを感じざるを得ない。普通ならば数分たりともおとなしく座っていられない年頃の子供だからだ。

エホバの証人は、小さな子供を持つ親にとって礼儀正しくお利口な子供に育てることが出来る宗教に見えるのである。ものみの塔協会は子供の2世信者を撒き餌として子育てに悩みや不安を持つ親を新たな信者として獲得していくのである。

未信者の家で行われる聖書研究という場へ2世の子供も連れて行かれる。この1時間ほどの勉強の間、子供たちは正座しておとなしく大人の会話を聞いている。こんなにお利口に子供が育つなんてと信者でない親たちはエホバの証人という宗教に魅力を感じるのである。

“ロボットのように育てられるエホバの証人2世” の続きを読む


変態的なこらしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世

エホバの証人2世とは

エホバの証人の信者を親に持つ子供のことを、このものみの塔協会ではエホバの証人2世と呼んでいる。どっぷりとこの宗教にはまっていたり、または表面的だけであったりと様々なエホバの証人2世信者が存在する。

今では世代交代も進み、2世信者の子供の3世信者というのも誕生しているだろう。悲劇の連鎖が生まれている。私はエホバの証人の組織を辞めてもう20年にもなるので、現在では3世とか4世という呼び方をしているのかどうかは解らない。とにかく、エホバの証人の子供たちのことをエホバの証人2世と呼ぶのである。

彼らエホバの証人2世は小さな頃から極端に自由を制限される。幼児教育も受けさせて貰えず、小学生になるまでには真冬でも熱中症になるような真夏でも、奉仕活動と称して親に連れ回されて布教活動を行わされる。クリスマスや節分や地域のお祭りなども異教の行事であるという理由で参加することを許されない。

これに加えてエホバの証人社会では子供たちを体罰で縛りつけている。エホバの証人は”こらしめ”と呼ぶのだが、単なる児童虐待である。言うことを聞かなかったりエホバの証人の集会と呼ばれる集まりでちょっとでも行儀が悪いとすぐこらしめである。お尻をベルトや素手などで容赦なく引っぱたかれるのである。これが怖くてエホバの証人2世の子供たちは大人しく親の言うことを聞いているのである。

こらしめの影響でまるでロボットのように心を持たないエホバの証人2世

エホバの証人の行っている変態的な児童虐待の方法とは?

“変態的なこらしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世” の続きを読む


体罰と虐待によるエホバの証人の幼児教育 子供の心が無くなる 王国会館は2世ロボット製造工場

小さな子供を持つ親へ仕掛けられるエホバの証人の罠

私をエホバの証人の王国会館に連れて行き始めたのは母親だった。最初は私の母親がエホバの証人の餌食になったのである。活発な子供だった私が王国会館でおとなしくしていられるはずが無かった。もったいぶった集会が2時間も開かれるのだ。そんな場所へいきなり連れて行かれてずっと座っていられるはずがない。

静かに出来ない私を恥ずかしく思ったのか、王国会館に来ている他の子供の行儀よさと比較して不安になったのか、私の母親はある薄曇りの日曜日の午後、父親と私に向かって怒りと不安をぶちまけたのである。なんで集会中に静かに出来ないのかと!精神的に問題があるんじゃないかと!

王国会館に通っている子供が同年代の子供に比べておとなしく、お利口に見えるのは訓練されているからである。その訓練は生活規範そのものをエホバの証人の教義に縛り付けるものである。

ものみの塔協会の定めた規範に背くと待っているのは手痛い体罰だ。体罰はこらしめと称してエホバの証人の間では推奨されている行為である。その痛みの代償にあのロボットのようなエホバの証人の子供たちが製造されている子育てに悩む親たちは王国会館で製造されたロボットのようにおとなしい子供を見てこの宗教に魅力を感じてしまうのだ。

母親に続き父親もエホバの証人の虜に “体罰と虐待によるエホバの証人の幼児教育 子供の心が無くなる 王国会館は2世ロボット製造工場” の続きを読む