排斥を怖れるエホバの証人の親の逆効果

親子の絆を断ち切るものみの塔協会の排斥処分

私は生まれながらにしてエホバの証人として育てられた。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめてその後はやりたい放題の人生を歩んできた。ものみの塔協会によって禁止されているようなことをあえて選んでやっている節があった。反エホバ否ものみの塔という立場を積極的に取っていた。

20歳で家を出るまでは未だエホバの証人だった両親と同居していた。”この世”の法律でも禁止されているような未成年の喫煙や飲酒などにも私は手を出していた。ものみの塔協会的には当然それらは禁止されていることである。

両親はこの頃になって私に対して急に甘くなった。幼い頃にものみの塔協会の戒律を厳重に押し付けてしまったことへの贖罪のつもりだったのだろう。未成年の子供がタバコを吸っているなんてエホバの証人の親としては発狂するような状況である。

大人のエホバの証人信者でも喫煙しているのが見つかると排斥処分になる。現役エホバの証人の父親にしてみると一人息子が喫煙を理由に排斥されてしまることは避けたかったのである。それは親子の絆が断ち切られるも同然だからである。

排斥処分となると親子関係でもものみの塔協会は不必要な接触を避けるよう強制するのである。私のようにものみの塔協会に献身する前だと排斥にはならない。私がなかなかバプテスマという献身の儀式を受けろと両親に言われなかったのはこれを見越してのことだったのかも知れない。





エホバの証人の両親による教育の反動

また高校生の頃から私は付き合っていた彼女を家に連れてきていた。未婚の高校生が部屋で2人きりしかも相手はエホバの証人とは全く関係の無い”世の”人である。これもエホバの証人の母親ならば絶叫する場面ではあったはずである。しかしこの件に関しても母親はそんなに干渉して来なかった。お茶を出して来たり時間が遅くなると早く帰るように言ってきたりするくらいだった。

両親は自身のものみの塔協会への信仰は維持するが私のエホバの証人組織への反発や教義への違反を黙認する姿勢だった。逆に今まで通りに何もかもを強制すると私の反発が強まり背教まがいの言葉を発しだすということを恐れていた。エホバの証人の相互監視社会では流石に背教まがいの言動までは見過ごされることはない。

両親は私がエホバの証人組織に戻れなくなることがないように見て見ぬふりをしていたのである。私の教義への違反を積極的にエホバの証人組織に密告することも無かった。この段階では私が”悔い改めて”いつかエホバの証人組織に戻ることを両親は期待していたのだ。これを逆手にとって私はますますやりたい放題の10代後半から20代前半を過ごす。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。